ワイド&マクロ

2016tr1.jpg

昔は超広角レンズはとても高価で、そこまでの犠牲を払ってまで欲しいと思ったことはありませんでした。
最近は、いろんな機材で広角撮影が出来、費用をかけることなく誰もが楽しめるようになりました。
もはや広角撮影は特殊なものではなく、日常の一部となって浸透しています。

私の場合は、カメラの望遠の不調をきっかけに広角撮りの面白さに目覚めました。
広角のマクロ撮影だと高価なかさばる機材でなくてもボケ味の効いた写真が手軽に撮れます。
こんな感じでyoutube動画のプレビュー画面に使うことも多いです。





テレマクロ

tマクロ3

今年の桜は早く、ソメイヨシノはこの日曜くらいが最後の見どころかと思います。

画像はビデオカメラで撮った静止画です。

普段ビデオで静止画を撮ることはしないのですが、今年の桜は花が少なく思ったような桜吹雪に出会えなかったため、気分転換に遊んでみました。

小型ビデオで液晶が小さいのと、ピントのスイートエリアが狭いためとっても撮りにくいのが難。

でも案外もっともらしい写真じゃないでしょうか??

カレンダーの写真なんかで見かける、テレマクロという遠目からマクロ撮影して背景をぼかす手法を使っています。

マクロ1

こちらは一般的なマクロ(接写)の手法で撮ったものです。

近くの物は大きく、遠くの物は小さく撮れます。

やはり写真は普通のカメラが一番。でも緊急時にはビデオもありかなと思いました。



タイムラプスのインターバルはどれくらいがいいのか?



山を背景にした風景のタイムラプスを撮りたいと思っていたところ、ようやくタイミングが合って試して来ました。

ところで、タイムラプスのインターバル(シャッターを切る間隔)はどれくらいが適しているのかという疑問がありましたので、3台の同性能のビデオカメラで同時撮影して検証動画を作ってみました。
テーマや画角によっても変わってきますが、この動画のように変化の少ない時間帯の風景だと5秒間隔くらいがなかなかよく思われました。

暖かくなってきてまもなく空気がもやってくる頃。
今のうちに風景をたくさん撮っておきたいです。


テレビ放送にて

20160119.jpg

もう先週になりますが、地元NHKの夕方の番組にて、年末年始に県内で撮影したビデオを放送していただきました。

201601192.jpg

ここのところ久しぶりにインフルエンザらしきものにやられておりました。
腹痛→関節痛→のど痛→いったん回復→咳→頭痛→?
一連のイベントを一渡り終えないとよくならない感じがします。
流行っていますね。お気を付けください。


2016年元日

2016010100.jpg

元日は、城址公園の年明けの花火を初めて見に行きました。
傘がなんだか重いなと思ってよく見るとみぞれのような雪が付いていました。
雨になったり雪になったりのお天気です。

201601010.jpg

一夜明けると、夜中の雨がうそのようないいお天気になってました。
市内の眺望ポイントを二か所ほど回って定番アイテムの撮影。
初日の出は観測出来なかったということで、これは初日の入りです。

20160101.jpg

日没動画完成まであと十数秒というところで、3台のビデオのうち1台の4K動画機がメディア切れ。
早くも新年初ボケです。


舞台公演撮影

11011.jpg
更新間隔が空いてしまいました。
日曜は文化会館で撮影でした。この日は、八尾の胡弓奏者・若林美智子さんとその教え子の方たちの発表会とゲストの朝崎郁恵さんとの共演の二部構成の公演のビデオ撮影でした。
ただいま編集作業に没頭しています。

11012.jpg
記念公演ということもあり絶対に失敗の許されない撮影。
6台のfullHDビデオと1台の4K動画機で臨みました。
問題はどこにどの機材を設置するか。
配置が完了すればなんのことはないことなのですが、迷うところです。
目立ってはいけないし、あまりに遠慮しすぎて大事なところが残念な感じになってもいけません。

今回難しいのは、プロのコンサートという面と発表会という面の両方を同時に撮らなければいけないことです。発表会では、ひとりひとりがちゃんと映っているかどうか、後の稽古の参考になるものかという面にも気を付けないといけないので、舞台がそれに適した作りになってない場合はなかなかの難題となります。
最終的に、前段2台、中段3台、最後列1台、移動(実際にはほとんど動いてませんが)1台の構えとなりました。
三脚固定でも最低6台あれば、だいたい欲しいアングルからの撮影が出来ます。
押さえは最後列のビデオ。これまで何度も助けられてきました。

11013.jpg
音楽ものなので、音声にも配慮。
ミキサー受けの他、会場でもバックアップを含めて6ch分録ってます。
写真は最終形ではなく、あれこれ試しているところです。
もっと高さを上げたいのだけど、そうすると後ろの座席が使えなくなるし、お客さんの視界になるべく入らないようにしたい。
ここの会館は久しぶりで、イメージしてたよりもセンター通路の幅が狭くてセッティングに悩みました。
録画ランプなど点滅して光るところは全て養生して隠します。

11015.jpg
お弁当もご用意くださりありがたいことです。本番終了後おいしくいただきました。

撮影は大過なく終えました。
撮った映像をチェックしてみると最後列からのものが照明を一番きれいに撮っていました。
今回は照明のネタがきれいだったので人物も照明もなんとかと少し欲張ってみました。
意外と使えるところが少なそうなのが中段のセンターカメラの映像。各カメラの役割分担をもっとはっきりさせなければです。

11014.jpg
公演は素晴らしい内容と演奏でした。
その場に立ち会わせていただき感謝です。


↑