カンパ制公演

takabu.jpg

先日、高文でカンパ制公演という風変わりな方式の公演をやっていたので、どんなものかチラッと見てきました。

奈良に本拠をおいて和太鼓の演奏活動をしている「倭」というグループの主催公演で、当日に配布する整理券を入手すれば見ることが出来、お帰りの際にカンパして下さいというシステム。

ライブのはしごで、30分ばかり開演時刻に遅れて中に入ると7~8割程の座席が埋まっていました。
既に公演の最中で、盛り上がっている雰囲気です。
暗くて自分の座席がわからないので、適当に空いてるところに座って見始めました。

見てみようと思った理由は、方式以外にもうひとつあって、たまたま見たネットの写真に、何人かで横並びに太鼓を叩いているものがあって、そのタイミングがおそろしくぴったり合っているものがあり興味を惹かれたからです。
対面ならともかく、お互いが見えない形でそのように合っているとはなかなかすごいことでは?
というわけで見にきました。

なるほど、写真で見た通りのものが見られました。
拍手をさせる間合いがうまく、曲間に一斉に拍手が起きます。
太鼓だけでなく笛もあり、サイドの返しは笛のかたのためでしょうか。
スタンドを使わない合理的な配置がされていました。
前半終了後の休憩に入るところでなぜかアンコールの拍手が起きていました。

私は後の予定があったのでそこで会場を後にしました。

外に出ると体を動かしたい気分。太鼓を打っている人を見ると体を鍛えなきゃと思うのはなんでだろう。

takadai.jpg

なぜか前を通る度に写真を撮ってしまう高岡大仏。
藤子不二雄さんのまんが道に登場するあの大仏です。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


↑