Dual X Direct

artx2.jpg
久々のギターネタです。
お察しのとおり相当さぼっておりました。
高校のとき、長続きせずにやめてしまった理由は大きく二つあって、ひとつはコードというものがなんなのか意味不明に思ったことと、もうひとつはFコードが押さえられなかったことでした。
このブログを始めてからの試みで、ギターに再チャレンジし、今回はひと月も経たずにFコードが押さえられるようになった…まではよかっですが、それでもう何かやり遂げた気分になってしまいさぼり癖がつきました。

さて、気を取り直して、ギター関連の機材、最近購入したダイレクト・ボックスのレポです。

ARTというブランドの Dual X Direct と名付けられた商品です。
なにかの必殺技みたいな名前をしておりますが、
2チャンネルの入出力がありながらも、上の写真のようにコンパクトな形状をしています。重量もとっても軽いです。

artx1.jpg

パッケージはこんな感じで、高級感もありませんが無駄もなく必要充分といったところでしょうか。
ホッチキスを使ってないのは好感が持てます。

artx3.jpg

入力は、標準フォンとXLRの両方に対応したコンボジャックなので、ギター用のダイレクト・ボックスとしての用途以外に音響機器の中継用にも使えそうですね。
電池を入れようとしたところ、ネジが固くて指の力では回せない。つい先日もワイヤレスマイクの電池ボックスを破壊してしまった怪力なので、これは余程の力のある人でないと回らないのでは…
そこで写真のような工具を使って開けました。
初めて現場投入されるときには注意が必要です。

早速、おまけの電池を投入。
見れば、期限がけっこうギリギリですね。
このあたりはご愛嬌といったところでしょうか。

スイッチをオンにすると赤と緑のランプが…明るい。

実際にライブで使用してみました。
ミキサーまで10m以上のバランスケーブルを使って2チャンネル使いましたが、耳で感じられるノイズはなく良好でした。

なんといってもこの小ささと軽さで2チャンネル使えるというのは貴重だと思います。予備にかばんに入れておくと助かることがあるかもと思われました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


↑