Panasonic LUMIX DC-GH5

gh51.jpg
おそらく今年最も話題となったカメラだと思います。
ミラーレスカメラとして初の4k/60p搭載機種です。
ボディ内手ブレ補正、4:2:2 10bit内部記録、6kフォト、スローモーション(ハイスピード)動画180fps、動画撮影時間制限なし 等々、大変魅力的な機能を搭載して登場してきました。

作品的なものや舞台の引きのカメラ、静音静止画撮影等に使えるのではないかと考え導入しました。

gh52.jpg
パッケージを開けると、別売りアクセサリーの一覧が。
買って下さいということなのでしょうか。

gh53.jpg
もう一段開けると、薄い取説と6k動画について簡単に説明したチラシが入っていました。
今回からソフトCDは省略となりダウンロードする方式になりました。

gh54.jpg
中身を全て取り出した様子。
付属品は意外と簡素で、ボディキャップ、ホットシューカバー、アイカップ、フラッシュシンクロ端子キャップ、バッテリーグリップ接点カバー、ショルダーストラップ、バッテリーパック、バッテリーチャージャー、電源コード、USB接続ケーブル、ケーブルホルダーで全てです。

gh55.jpg
ボディはミラーレスの中では大きめですが、実際手にして使ってみると特に大きくもなければ重くもなく、質感は普通といったところです。
一般的なミラーレスカメラの外観に頼りなさを感じる人ならちょうどいいくらいではないでしょうか。
APS-Cやフルサイズを使ったことのある人なら別段問題のない大きさだと思います。
底には中国製の文字があります。業務用ビデオカメラは日本製なのでそれに倣うかと思われましたが、販売数の違いでしょうか。

Ptori.jpg
届いた翌日、さっそく使ってみました。
まだ静止画だけですが、色味や精細感等なかなか良好で好感が持てます。
ただ、状況によりちょっとピントが後ろに抜けやすいかもといった印象もあります。
まだ使い始めで、慣れるに従い気にならなくなるかもしれません。
まずは買ってよかった機種だと感じています。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑