バウンダリーマイク

bmt.jpg

劇場や会議室などで見かけるバウンダリーマイク。
コンデンサー型なので、オフマイクで遠目の音を拾え、また構造的にも丈夫。
半球前方指向性と無指向性タイプの2種類があり、これは指向性のあるタイプ。マイク前方の音を拾います。

三線の演奏では座奏もありますが、意外とこのマイクは見たことがない気がいたします。
合奏でマイクが足りない場合など、演奏者と演奏者の間にボーカル用のダイナミックマイクを1本だけ立てられてしまうこともありますが、唄と楽器がありますし、演奏者の立場からはなるべく勘弁してもらいたいものです。
同じ状況ならボーカルダイナミックマイクよりもこういうマイクのほうがいいのではないかと、演奏者目線で簡単にテストしてみることにしました。

マイクからの距離を変えつつ演奏し、スピーカーから再生される音を確認したところ、
遠目からでもそれなりに音は拾えますが、
より音圧を稼ごうとオンマイク気味に近くで弾いてみると、なんとなく機械的な音になります。
どうやらオフマイクでのいい塩梅の距離感が肝要かと思われます。

これはスイッチのあるタイプですが、練習会のようなときなら、手元マイクのスイッチのオン・オフで、リード演奏のときはマイクオンで拡声し、おしゃべりのときはオフにして(うるさいので)使うなどの使用法もあると思いました。

コンデンサーマイクなので感度はよいけども、無理をしなければそれほどハウリングはしなさそうに感じられました。
またいろいろな場所でテストをしつつ、あるかないかの出番に備えたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑