3年

311apita.jpg

今年で震災から3年。あちこちで追悼の催しが行われています。

その日は、こちらでは体に感じるような大きな揺れは感じませんでしたが、変なお天気でした。

親を病院まで車に載せて送り届け、診察の間、ショッピングセンターの立体駐車場に車を駐めていました。

写真は、データからすると午前11時14分に写したものです。

直前までのいい天気から一変、急に視界が悪くなるくらいの雪が降り始め、多くの車が駐車場に避難してきて雪を落としていました。

3月の雪は珍しいことではありませんが、これだけの降りはなかなかないことで、一体なんだろう?何かよくないことの前兆か何かかと思い携帯で写真を撮ったものです。

雪は長くは続かず、親を再び迎えにいく頃には日差しまで出て、強い雪が降ったことを言葉で説明しなければわからないくらいでした。
家に戻ってテレビから流れている津波の予報に、こんなことは本当のことなんだろうかと驚きの念をもって見たことがついこの間のことのようです。

こちらにも100人を超えるかたが現在も避難されているのだとか。復興はまだまだこれからですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑