鳥を撮る

kamo2.jpg

先日から使い始めたNikon D500で飛ぶ鳥を撮ってみました。

さすが動体のAFには定評のあるカメラだけあって、これまで使っていたカメラに比べて撮りやすいことこの上ありません。

kamo1.jpg

拡大してみてもかなりの精度でピントが来てるのがわかります。

低空飛行で自分に向かってくる鳥はピントが合わせにくいもののひとつですが、AFで次々にシャッターが切れます。

ただ、単なる空に対してピントが迷うのはこのカメラでも同じです。

意外と難しいことなんですね。



関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑