Amazonベーシック ビデオカメラ三脚

amtri0.jpg

プリウスが6年ぶりにモデルチェンジするということで、ここのところ様々な情報が飛び交っています。
買い替える?
と訊かれると、即答で買いませんと答えます。

前の車から現プリウスに替えて少し不便だったのが荷室の使い勝手です。
後部が空力特性の向上のために寝ていて、ちょっと背の高い荷物は積むことが出来ず、結局、後部座席に置くなどしています。
次のモデルではどうなるか注目していましたが、またしてもわずかな燃費の向上のため(?)似たようなデザインとなりました。変わったと言われるけど私には同じことで、次に車を買うときは、別の車種を選ぶことになりそうと思いました。

前置きが長くなりましたが、その「プリウスの荷室に縦に積める大型三脚」、Amazonベーシック ビデオカメラ三脚(大型) のレビューです。
縦に積めると何かいいことでもあるの?という件につきましては、横向きで奥に詰めて置かれるよりも利用頻度が増え、人も行動的になるのであります(多分)。
実は荷室に楽器ケースを縦に積めなくなってから、いろいろな楽器を持ち出して弾くということが面倒に感じられるようになりました。ほんのわずかなことですが、ちょうどデジタル機器で1階層深いところに機能があると、それをあまり使わないようなもので、無意識に作用する部分があるのではないかと推測しています。

大きくて縦に積めるということに価値を見出しながらも、Amazonの三脚って使えるんだろうか?とそんな疑問も持ちつつ購入してみました。

amtr1.jpg

最大伸長170.5㎝ということで、その長さで1万円以下で買える数少ない機種のひとつです。
ぱっと見、プロ用途でも使えそうな質実剛健な見た目。
ビデオ三脚としては、オイルフリュードではないので、使って使えなくはないけどあまり向かない印象ではあります。
パンをさせず固定で使うとか、あまり精密さを求められないような撮影なら充分に使えそうです。
重さのため(約6kg)、安定感があります。逆にその重さがあだとなって何本も持ち歩くとなると体力の問題が出てきそうです。

商品に同封されているのが、ストラップ付きキャリングケースと予備のクイックシュー。
キャリングケースは三脚に対して大きさがきつきつのため、他の三脚を入れるのに使っています。
クイックシューはそう滅多になくすものではないとはいえ、予備が付いているのはうれしいですね。予め別のカメラにセットしておいて、何かのタイミングでさっと付け替える、そんな利用法もありそうです。

けっこう値段の変動の激しい商品なので、安いときなら試しに買ってみてもいいのではとお薦めできますけど、高値圏なら急ぎでなければもう少し出してより良質のものをお薦めしたいような塩梅のものです。
私が買ったときは6千円台だったので、まずまず納得のいく買い物でした。タイムセールなどで安いときがあるようです。

amtr3.jpg
こういう角度で見るとスキージャンプの選手のようです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑