Zoom H6 Handy Recorder

zoom6m.jpg

マイク着脱式のハンディレコーダー Zoom H6 のレビューです。
コードなしで接続できるマイクが同メーカーから何種類も発売されていて、ワンタッチで適したマイクを付けて録音できるというユニークなコンセプトの商品です。
付属マイク2chと外部入力4ch合わせて6ch録音可能な小型のマルチトラックレコーダーでもあります。

最初から付属しているのは上の写真の2種類のステレオマイクで、マイクの他にオプションとして外部入力を増設できるアダプター EXH-6(ファンタム供給は不可)なども発売されています。EXH-6を付ければ、外部入力6chのマルチトラックレコーダーになるわけで、この小ささには価値があると思います。
ひとつ難点は、このマイクは台座がダイキャストで出来ていて、レコーダー本体に付けるとけっこうずっしりとした重さになることです。

zoom6m2.jpg

本体のデザインはなかなかセンスがあり、ダイヤルは入力のゲイン調整、ボタンは各チャンネルの切り替えになっていて直観的に使えます。
ボタンのLRは付属マイクのチャンネル、1~4が外部入力に割り当てられています。
注意しなければならないのは、この1~4の入力端子は、左上が1、左下が2、右上が3、右下は4となっていて、上から順番ではないので、初めて使うときは気を付けられたしです。
ダイヤル操作の音をマイクがさほど拾わないところは優秀です。
SDカードの取り出し口の蓋が弱々しいプラスチックなのは少し残念なところ。

zoom6m1.jpg

巷の商品レビューではいまひとつ評判のよくないカラーディスプレイですが、色で録音レベルが確認出来ますし、小さいことを除けば便利だと思います。暗くしたり消すことも出来ます。
電池持ちはなかなか優秀で、先日ホールで使ったときは、リハーサルのセッティングから本番までファンタム2chを使って余裕でした。

音質は、ハンディレコーダーとしてはいいほうだと思います。ただZoom らしくちょっとこもった感じではあります。音源が大音量のときに顕著に感じられます。クリアーで抜けのいい音が好みのかたならTASCAMのほうが合っていると思います。
付属マイクはぱっと聴いた印象は低域豊富で迫力がありますが、その分、中域が引っ込んで感じられます。いい外部マイクを使ったほうが付属マイクを使ったときよりも繊細な音が録れますが印象一変というほどでもありません。

良いところも悪いところもありますが、この大きさと性能でこの使い勝手の良さは今のところ他になかなかないかもしれませんね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑