YAMAHA STAGEPAS 500

stp500.jpg

ステージパスが新しい世代に代わって二年半あまり経ちます。
新世代のSTAGEPAS600iと旧世代のSTAGEPAS500の新旧フラッグシップをこれまで何度も聴き比べしてきましたが、やっぱり500のほうが音がよかったなと思うこの頃です。
これまでのものとは次元が違うという触れ込みで登場した新シリーズでしたが、確かに音量は明らかに向上しているし、見た目も今風になりました。
しかし、「何か」が足りない。

「何か」はウーハーの鳴りだと最近はっきりと気が付きました。
ステージパスの前段にグラフィックイコライザーを挟んで低音と高音を強調してジャズを鳴らしてみたところ、
500ではウッドベースの音に身を任せて聴けるようなふくよかで心地よい素晴らしい音場が出来上がりました。
それに対して新世代の600iでは、高音は派手になるものの低音は硬くてあまり鳴らない。
無理に低音を出そうとすると破たんしたり、もやっとした感じになってなんとも使えない音にしかならない。

それでは、500のこの低音の心地よさはスピーカーに原因があるのか、それともパワードミキサーのほうの能力だろうかという疑問が浮かびます。

そこで、500のスピーカーを600iのパワードミキサーで鳴らし、
600iのスピーカーを500ののパワードミキサーで鳴らす、つまりスピーカーとミキサーを取り換えっこして鳴らすという実験をしてみました。

すると、600iのスピーカーがわずかですが、ふくよかに低音を鳴らすようになりました。
しかし、高音がなんとも耳障りな感じになり、長時間聴いていたくないような音になりました。

一方、500のスピーカーは600iのパワードミキサーで鳴らすと、全体的にもやっとした解像感のない音になり、低音は出てはいるけどふくよかさが感じられなくなりました。

以上のことから伺い知ることが出来るのは、STAGEPAS 500の心地よさは、スピーカーとアンプの両方の絶妙なバランスから作られているものだろうということです。

600iのほうも製品としては、大きく音を拡声するという点では進化しており、サブウーハーを使えば低音の弱点は補うことが出来ます。
しかしこのようなオールインワンパッケージの製品では、拡張機器を使わずに使用する人が多いと思われるので、単体での完成度はとても重要なポイントだと思います。

STAGEPAS 500のいいところばかりが目立つ記事となりましたが、このシリーズにもいくつか欠点があって、それは経年に伴いボディが白っぽくなることと、地味な音のキャラのため音の通りのいいスピーカーと一緒に使うとこちらの陰が薄くなること等があります。

実験が終わって、いいコンディションのものが市場に出回っているうちに500の予備を入手しておきたくなりました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑