extention tube

hak1.jpg


しばらく更新間隔が空きました。
あまりにネタがたまると出口で詰まるというか
かえって書けなくなるもので・・・

先日、extention tube というものを購入しました。
三脚等につなぐ延長用のポールです。
人の頭上を超える高い位置からカメラを撮りたいときってありますよね。
そんなとき、プロ用の大型三脚があればよいわけですが、わけあって脚を大きく広げられない場所だったり、移動距離や数の関係で持ち運びが大変だったり、経済的な面から揃えるのが困難だったり、様々な理由から障害のあることがあります。

たまたま、オープンスペースでやっていた子供の発表会みたいのを見ていたときに、出演者のお父さんらしき人がこれを使ってビデオ撮影しているのを見かけました。現代のたまちゃんのお父さんですね。
カメラ群の中でも一際高い位置にセッティング出来てかなりの高さを稼ぐことが出来ており、これは使えそうだと思って早速入手しました。

hak2.jpg

老舗のカメラ用品メーカーから出されている商品です。
短いのから長いのまであるので両方購入してみました。

hak3.jpg

ライブハウスでの撮影に使用してみましたが、特にぐらつくこともなくなかなか快適です(後日、別の三脚で使用したところ、雲台がやわな機種では伸ばすと不安定で使いづらいことがわかりました)。
半日程度の撮影で、ディレクターカメラくらいの大きさのビデオカメラでは、固定状態では安定して使えました。
重心が上に行くので、動かすとパンでは問題ないけどチルトは少し怖いかなという印象です。万が一カメラが落下すると危険ですし、特に人込みでは気を付けたいですね。
しかしこの小ささと軽さは魅力があります。
観光などでも一本かばんに忍ばせておくと面白い絵が撮れそうなそんな感じがします。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑