12インチと15インチ

15elx.jpg

EVのパワードスピーカーELX115Pを導入しました。
さっそく同シリーズのELX112Pと聴き比べをしています。

名前の通り、112は12インチ、115は15インチウーハーを示しています。

同じシリーズだけあって音の傾向自体はとても似ています。

1215.jpg


早速音出しをしてみると、サイズの違いからか、鳴った瞬間すでにポテンシャルの違いみたいなものを感じます。

115のほうは何も触らなくても、112の低音を数デシベル程ブーストしたような音です。
112を仮に「打てば響く」という表現をするなら、115のほうはややもっさりした印象を受けます。
これは、良くも悪くもで、良いほうを見るならサブウーハーを併用しているときのようなある種のルーズなグルーブ感みたいなものを感じさせます。
サブウーハーを使えないような現場だったら、112より115を使ってみたくなりますね。

音とは関係ないですが、115のほうは本体横側の両サイドに持ち手がつけられています。
112は片側にしかないので、両サイドにあるのはいいですね。

本番投入に先駆けてしばらくはエイジングです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。