iPadと

pas600ipad.jpg

しばらく更新間隔が空いてしまいました。

タブレットはずっとアンドロイド派だったのですが、現状、アンドロイドよりも音響機器との連携のよいiPadを使い始めました。
ミキサーの遠隔操作とか音源をケーブル1本でデジタルでつないだり、等の効果に期待です。

iPadは実際使ってみると、よく言われるように使用感は大きな ipod touch といったところ。
画面のきれいさは想像の範囲、想像してたより少々重く感じられます。
工夫して使っていかないとウェブ閲覧だけで終わってしまいそうな感じも。

さてまずは、YAMAHAのSTAGEPAS600i につないでみました。
YAMAHAの公式ページによると「iPod/iPhone内の音楽を簡単に高音質で再生でき、iPod/iPhoneへの充電も同時に行なわれる」とのことで、以前から使ってみたいと思っていた機能です。

pas600andipad.jpg

公式ページにiPod/iPhoneだけが挙げられていたのでどうかと思ってましたが、iPadでも問題なく使えました。
サブウーハーもつないでちょっと本格的に再生してみましたが、なかなかいい音ですよ。
itunesにしろ何にしろアップル系の音にはあまりいい記憶がないのですが、これは使ってみたいと思わせるものがあります。なにより簡単な接続で済むのがいい。
映像と併せて軽い感動を覚えました。

音源については、内蔵のものばかりでなくウェブ上のものでも操作音でも本体のスピーカーで鳴るものならなんでも鳴ります。
再生しながら充電もされています(満充電まではけっこう時間がかかります)。
部屋の電気を暗くして映像と音楽でリラクゼーション・・・なにやら本筋から少しずれてきましたが、そんな使い方でも楽しめそうです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑