STAGEPAS 聴き比べ

STAGEPAS 600i 1

ヤマハの新旧STAGEPAS および小型PAスピーカーとして定評のあるElectro-Voice ZXA1を聴き比べてみることにした。

比較した製品
・STAGEPAS 600i 640W
・STAGEPAS 500 500W
・STAGEPAS 150 150W
・Electro-Voice ZXA1 800W
以前はSTAGEPAS 300も持っていた時期があり、STAGEPAS 150 とはほぼ同じ音である。

まず、STAGEPAS 150でジャズ、POPS、ROCKなどを聴いて耳に馴染ませる。
続いてSTAGEPAS 600iで同じように聴いてみると 600iのほうは霧が晴れたような印象で2ランクは上の音という感じがする。
聴き比べると150のほうは音が前に出てこず、狭いところで鳴っている感じがする。価格差だけのことはある。
次に600iと同じ10インチのSTAGEPAS 500との比較で聴くと
似たような雰囲気ではあるものの600iのほうが派手で高音がシャリつき、低音から高音へのつながりがいまひとつの印象がある。
もっとも600iではミキサーが3バンドになっているため、MIDを足してやれば音のつながりについては、あまり気にならないようになるかなという感じではある。
なお600iでは、高域再生のコンプレッションドライバーが、STAGEPAS 500の1インチから1.4インチに大きくなっている。
600iのほうは今風のドンシャリ傾向の音だが、驚くほどの差は両者に感じられない。個々の音の明瞭さでは600iが勝る印象。
STAGEPAS 500 は地味な印象ではあるものの音のつながりなどはこちらのほうがバランスがよく違和感を感じない。用途によってはまだまだ出番がありそうだ。
他に気になる点では、STAGEPAS 500 のほうがファンノイズが大きいこと。ホワイトノイズはどちらもあるものの600iのほうが幾分ましかなといった程度。

次にElectro-Voice ZXA1を聴いてみると、これはもう音が鳴った瞬間からキャラクターの違う商品だなということがわかる。
音の輪郭が際立ち、8インチと思えないほどの豊かな低音が出る。演奏のグルーブ感が増し、聴いていて心地いい。 ZXA1にないものはというと、STAGEPAS 500 や 600iでは感じられたアンビエンスな音というか録音された空気感みたいなものがあまり感じられず、オンマイクな感じの音になることだろう。
これは良くも悪くもで、人によってはリスニング向きではないと感じる人もあるのではないだろうか。
まさにPAスピーカーといった感じの商品。
音の主役と脇役が非常に明確で、これに比べると600iでも曖昧な印象である。
ZXA1の弱点のひとつはホワイトノイズで、狭い場所ではけっこう気になるレベル。
ZXA1ペアの価格とSTAGEPAS 600iの価格はほぼ同程度であり、PAスピーカーとしてはZXA1に魅力を感じるが、STAGEPAS 600iのほうもミキサーの出来やデザインがよく、所有する喜びを感じられる製品という印象を持つ。なお、STAGEPASのスピーカーはいずれもスピーカー本体のみではパラレル接続は出来ない仕様となっている。

STAGEPAS 600i 2

その他の比較
■可搬性
EV ZXA1は8.6kg と最も軽く重量の点では持ち運びによさそうだが、取っ手の部分が手を差し込むだけで握りこめない構造のため片手では非常に持ちづらい。
旧STAGEPAS は取っ手が握りやすく普通に運べる。
新STAGEPAS はZXA1同様に取っ手の部分が握りこめない構造ながら取っ手の位置がよいので落っことしそうな感じはあまりしない。

■筐体
600iは今風のデザインだが、プラスチックそのままの見た目であまり頑丈そうには見えず(実際割れた物を目にしたことがある)、おそらくヘビーデューティーな扱いには向かないと思われる。手垢がつきやすいという欠点もある。
500はデザインの完成度は高いが、よく普及したデザインだけに見飽きられているということはあるかもしれない。シボの入ったような表面加工だがくすんだ雰囲気になりやすいのが難点。
ZXA1はよく言えば小さな巨人。悪く言えば見た目でけっこう損をしていると思われる。ネットにスポンジが装着されているなど本格的な仕様だが、もう少し高級感があればと思う。

いずれもスタック(積み重ね)出来ない構造となっている。

ところで、なぜ同じような機種を買ったり手放したりしているかといいますと、これは一種のオーディションみたいなものなのです。
持てる数、運べる量には限りがあるので、よりよいものを探し求めて保持するように努めています。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


↑