windows 8

fmv.jpg

映像編集の必要にせまられて、windows 8 ノートパソコンを導入しました。
届いた箱があまりにも小さく、何かの間違いかと驚く。
7 のノートパソコンのときの半分もあるかどうか。
そっけないいかにも工場出荷というムードのダンボールを開封すると、本体、電源コード、ワイヤレスマウス、薄い説明書など最低限のものが入っています。

今どきオフィスは果たしているだろうかとか、ノートでフルハイビジョンは必要かとか迷いましたが、後になって必要となると面倒なので、無理してできるだけスペックの高いものにしました。
core i7 で、ブルーレイドライブ内臓。

薄さは7のノートに比べて一段と薄くなったものの、スピードは案外もっさりしていて、その点では少々期待外れ。
小さい画面の動画なんかはきれいに感じられます。
バッテリーが8時間近くももつようなので、モバイルpcとして使うこともあるかも。

それにしてもなんだか安っぽい見た目になって、タブレットに歩み寄ったpcという雰囲気です。タブレットを買ってこれなら大満足でしょうが、かつての花形製品だったパソコンもこんなことになったかと思うと、どことなくもの寂しさを感じてしまいます。
今は良くないところばかり目につきますが、おいおい良さもわかってくるでしょう。

早速、定番編集ソフト Adobe premiere Pro CC をインストールしてみたものの、さてどこから始めたものか??
そもそも、最初の起動ではpcの電源の切り方すらすぐにわかりませんでした。
しばらくは扱いに苦戦しそうです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


↑