関東初雪の日

車点検

こちらでは初雪はまだですが、
偶然に関東での初雪の日、予約してあった車点検をかねてタイヤ交換をしてきました。
予約があったのでスムースでしたが、ディーラーはタイヤ交換で大忙しの様子でした。

こうするとタイヤ交換は無料になるのですが、点検にこじつけていろいろと料金もかかってくるので、果たしてよいのやらどうなのやらです。



スポンサーサイト

Nikon D500

5001.jpg

ここのところなかなかお天気が続きませんが、Nikon のDXフォーマットの最新フラッグシップ Nikon D500 を導入しました。

5002.jpg

これからは動画の静止画感覚も大切と思い、今年エントリー機で再スタートさせた一眼もフラッグシップまできました。

5003.jpg

これまでのD7200よりも重厚なボディ。
背面液晶の画素数が増しており、現場での画像確認が容易になりました。

5004.jpg

連写は秒間10コマで、カードの書き込み速度が早ければ、止まらずに200コマまで撮れるようになりました。
使う写真が1枚なら、秒間7コマくらいの連写よりも単写のほうが良好な結果のことは多々あるし、D7200でも大事なところで書き込み待ちになって撮れなくなることはありました。デジタル一眼の連写もようやく実用段階に来たなという印象です。

5005.jpg

肝心の写りのほうは、設定がよく反映される写りでいかにも一眼といった感じにの画になります。
ピントの精度が非常に高く、ピントの芯がわかりやすい。
同じレンズを使ってもレンズの良いところ良くないところがはっきり出ます。
画の雰囲気はなかなか個性的で、7000番台までの自然な感じとは違います。
おいおいこのカメラで撮った画像もアップしていければと思います。



記念になります

east0.jpg

先日、例の新幹線の写真をNHKのコーナーでご紹介いただきました。

明日は寒くなりそう。

条件が揃えば、雨晴のけあらしを撮りに行きたいです。



雨晴海岸

雨晴20161105

県内有数の景勝地 雨晴に出かけてきました。
残念ながら立山連峰の方向は少し靄っていました。

雨晴駅

JR雨晴駅です。
途中、伏木・高岡方面から駅へ向かう道は工事中で渋滞していました。

雨晴案内

駅の窓には浜へ降りるための案内がしてありました。

雨晴ホーム

氷見線が走っていて、近隣は土日大勢の鉄道ファンで賑わっているようです。
ベルモンタや忍者はっとりくん列車などレアな列車が運行しています。

雨晴義経岩付近

義経岩付近から女岩、立山連峰を望む。
ここからのアングルだと女岩が後ろ立山連峰方向に見えます。

雨晴義経西

さらに少し西へ歩けば、毛勝三山あたりに女岩がきます。
どんどん西へ行けば、剣岳あたりの下に女岩がきて、そのあたりも人気の撮影スポットになっています。

大きな波が来たときに逃げ場所のないような位置もあり、悪天候でなくても注意が必要です。
撮影で行く人は、万が一遠くで地震があったときなどのため、ラジオを持ち歩いているといいかもしれないですね。



イーストアイ来た~

easti1102.jpg

出がけに呉羽山の眺望スポットに立ち寄って初冠雪の立山連峰と新幹線の写真を一枚撮って、さて行こうとしたところ、
見たことのない赤いラインの車体が入線してきました。
これは…鉄道ファンの間でまぼろし的存在の車両「イーストアイ」(E926形電車)じゃありませんか!
これまで何人もの新幹線撮りマニアの人たちから聞かされてはきましたが、実際見るのは初めてです。
あっという間に通り過ぎていきました。



鉄道展

20161030.jpg

日曜日、地元の鉄道愛好家主催の鉄道展に出かけてきました。
今年本格的に列車の写真を撮り始めて、他の人はどんな写真を撮ってるんだろうという興味からです。

201610302.jpg

模型展示、写真展示、DVDの上映、グッズの展示、会の歴史についての紹介などをされていました。
家族連れやマニアっぽい人たち他でにぎわっていました。

20161031.jpg

翌日、いつもの場所に出かけて変わり映えのしない写真を撮って来ました。
まだ立山も剣も冠雪がないと思っていましたらその翌日、つまり今日、
標高の高い位置の立山ライブカメラに雪らしきものが映っていました。
明日は晴れ予報で初冠雪が観測できるかもしれません。



↑