LUMIX DMC-G7

lumix g7 d3300
さて、公演など音を出すことを避けなければならない場所用に
シャッター音のしないミラーレスカメラを導入しました。
写真は小型の一眼 Nikon D3300 との比較です。
先日のカメラの写真はこのカメラ(LUMIX DMC-G7)で撮っています。

五箇山麦屋祭り
プロ公演での使用前に地元(といってもかなり遠いですが)の祭りで試してみました。
自然光のもとではなかなかいい写りでノイズも少なめです。
ぱっと見はコンデジ以上APS-C未満といった感じ。しかし時々、味わいのある色味の画を生み出しそうなカメラです。

五箇山麦屋
会場の最後列後方から撮っています。
望遠は強いですね。
175mmのレンズを使っているので35mm換算で350mmになります。

さらにMサイズやSサイズの写真なら画像劣化の少ないエクストラテレコンが使えます。
最も利用頻度が高くなると思えるLサイズでは使えないのが少々難。
デジタルズームが併用できますが、ノイズ的には2倍まででしょうか。

ここは縦長で幅の狭いステージでしたが、広角に弱いので幅広ステージだと広角のレンズが必要になりそうです。



スポンサーサイト

NIKON 一眼

niko1.jpg
最近撮影によく使っているNIKONの3機種です。
右からD7200、D5300、D3300です。

niko2.jpg
D7200は普通にイメージするようなオーソドックスな一眼の高性能機種。
D5300はバリアングル液晶でローアングル撮影が容易。
D3300はエントリー機の完成形で小さく軽く高画質です。

niko3.jpg
D5300とD3300は正面から見ると似たような感じですが、
上から見るとD5300のほうがわずかに大きいのがわかります。
3機種それぞれ目的別に使い分けています。

ところで、カメラを撮っているこのカメラは?
続く・・・



マンフロット ミニ三脚

pixi1.jpg
車検のときに荷物を移動していてゴリラポッドを壊してしまい、しばらくミニ三脚なしの生活をしていました(特別には困らないですが)。

少し目先を変えて、今更ながらですが、ベストセラーのマンフロットのミニ三脚を買ってみました。

pixi2.jpg
パッケージに何か硬いものが入っているのでなんだろうと開けてみると、ただのダンボール紙の台紙でした。

pixi3.jpg
早速何かを乗っけてみようと小型の一眼レフNIKON D3300 をセットしてみました。
小さい割に重厚な質感の三脚で、これくらいの重さならいけそうです。

難点はヘッドを緩めるためのボタンが固いことと(指の力の弱い人は困るかも)、デリケートな角度調整には向かなそうなところでしょうか。

使いどころはいろいろありそうで、良い買い物が出来たと思います。



夏山

剣 夏
今年は6月10日頃より毎日、立山連峰の観察をしていました。

といっても市内からは6月、7月は剣岳山頂の見える日はほとんどなく、8月中旬から見える日が増えてきました。
8月に観測できた日はおよそ5日。写真は8月31日。
ここ最近では最もきれいに見えた日のものです。

立山連峰を背景として新幹線を撮れる定番スポットでも、6月以降3人くらいの人にしか会わなかったのが、この日だけで4人に遭遇。
皆さん効率的に撮影されてるんですね。

9月に入ってますます見えやすくなってきましたが、今度は体が追い付かず山を見ない日すらある始末。
雪のない立山連峰の映像はあまり需要はないですが、撮れるうちに撮っておきたいと思ってます。


ミッション完了

20190905朝

先日来の編集作業を完了し昨日早朝発送を終えました。
24時間局まで出かける前の空。
とても印象的な朝焼けでした。
立山連峰の紺色のコントラストも素晴らしく写真に残したい光景でした。
一応、一眼レフは持って出かけたものの局まで荷物を届けるので精いっぱい。
もはや体力の限界でした。
事故らないよう早めの帰宅をしました。

まずは、ほっと一息です。


↑