大雨洪水警報2日後の夕日

DSC_0002ss.jpg

26日から27日にかけて市内では大雨洪水警報が発令。
全国ニュースにまでなるのは珍しいことです。
幸い大きな被害も出なかったようです。

昨日、今日ときれいな日没が見られました。

Nikon D7000 を使い始めて3日目。
もう二世代前の機種ですが、最近のローパスレスのカメラにはない味があります。
柔らかなボケ味がなかなか心地いい一台です。



スポンサーサイト

梅雨明け

あぶら蝉

蝉が鳴き始めてけっこう経ちますが、いつもの公園でようやく一匹見つけました。

昔のように木の太い幹に蝉が止まっていて子供が網を持って追いかけるなんていう光景はめったに見られなくなりました。

目立つところにいる蝉は早くに鳥の餌食になってしまうのか、それとも世代交代で何かの刷り込まれた蝉が増えているのか。


北陸も昨日梅雨明けの発表がありました。どちらかというと一昨日のほうが梅雨明けらしい天気でしたが、新潟地方気象台の発表ですからね。

雲のない山の見える日を心待ちにしています。



公園の阿吽

公園阿吽

初めて立ち寄った公園に左右一対の鳥のオブジェのようなものがありました。
大きさが伝わりにくいですが、ひとつ60~70㎝くらいもあります。

異様な眺めにギョッとしてしばらく見つめていると、風に羽毛がなびき、一羽がついに動きました。
オブジェではなく、本物の鳥でした。

公園鳥2

それにしても二羽の距離感は何を意味するものなのでしょう。
狛犬の阿吽のようでもあり、沖縄のシーサーのようでもあります。

公園鳥4

もうちょっといい角度で撮りたいなとこちらが動いたときに、一羽が飛び立ち、続いてもう一羽も飛び立っていきました。
まさに阿吽の呼吸。
二羽が離れているのは、危機回避のために監視エリアを広くするためなのかもしれないと思いました。

公園鳥5



そろそろ梅雨明け

新幹線緑

田んぼの緑がきれいな季節です。

新幹線開業から1年余り。

定番スポットでも写真を撮っている人をだんだん見なくなってきました。

緑の田んぼと新幹線、両方がいい感じに収まるポイントがなかなか見つかりません。いい場所どこかにないかなぁ・・・



一眼効果

富山 旅客機

一眼レフを手にしているとけっこういろんな人が話しかけてきます。
コンデジは手軽だけど、そういうのはあまりないので、一眼効果ですね。

鉄道のスポットで、東京から撮りに来たという人に出会いました。

たまたま飛んできた飛行機を見ながら、河川敷の飛行場でこれまでに自然災害に遭ったこととかないですかと尋ねられました。

なるほど、地元にいると意識がいかないけど河川敷の飛行場って確かにあまりないですもんね。

いろんなところに気付きの種があります。



新幹線の見える丘公園

公園入口

以前から一度は行って来なければと思っていた「新幹線の見える丘公園」へようやく行ってきました。
名前があまりにもド定番という感じで、なんとなく後回しになっていました。

公園定番

左が金沢方面で右が富山方面。
角度的に富山方面側が電柱だらけに見えるため、金沢方面からの列車をひとまず撮ってみました。
公園入口看板の写真もこのアングルなのに帰り際に気付きました。
開業当時に比べると線路脇の木が成長しているのがわかります。

公園大

富山方面側は、電柱を避けてアップで撮ってみました。
これで35mm換算300mm程。スマホやタブレットで撮影されている方も多く、望遠機能の高くないカメラでもけっこう楽しめると思います。


↑