夏の忘れもの

tana.jpg

暑い日が続きますね。
今日は一息入れるようにほんの少し暑さの和らいだ日でした。
雲って少し暗くなった空とセミの組み合わせは、なんだか晩夏のよう。
7月もあとわずかですから、夏の後半が迫っているのかもしれません。
酷暑を味わうことにします。

先日、ライブハウスに忘れ物を取りに行った際にふと見上げるとたくさんの七夕飾り。
願い事なんてしなくなってから何年になりますかね。


スポンサーサイト

大人買い

sdto.jpg

アマゾンのサイトでSDカードを大人買いしてみました。
アマゾンから直送の場合はやや過剰気味に梱包されて届けられるのが普通だけど、今回は販売者から直で購入のため、茶封筒でポスト投函で届きました。
せめて納品書の一枚くらいは入っているとありがたいのですが、品物だけという潔さです。
さてさて。


ドリー

dp83s.jpg

来週に入っているプロモ撮影に向けて、前から欲しかった小型のドリーを購入しました。

ドリーというのは写真のようなキャスター付きの一脚です。
移動撮影以外にも、三脚のように脚を大きく広げずに高さが稼げるメリットがあります。

もう少し高さのあるものがよかったかな・・・しかし需要があまりないのか適当なものが市場にあまり出回ってないのが難点で。
工夫でなんとか。


12インチと15インチ

15elx.jpg

EVのパワードスピーカーELX115Pを導入しました。
さっそく同シリーズのELX112Pと聴き比べをしています。

名前の通り、112は12インチ、115は15インチウーハーを示しています。

同じシリーズだけあって音の傾向自体はとても似ています。

1215.jpg


早速音出しをしてみると、サイズの違いからか、鳴った瞬間すでにポテンシャルの違いみたいなものを感じます。

115のほうは何も触らなくても、112の低音を数デシベル程ブーストしたような音です。
112を仮に「打てば響く」という表現をするなら、115のほうはややもっさりした印象を受けます。
これは、良くも悪くもで、良いほうを見るならサブウーハーを併用しているときのようなある種のルーズなグルーブ感みたいなものを感じさせます。
サブウーハーを使えないような現場だったら、112より115を使ってみたくなりますね。

音とは関係ないですが、115のほうは本体横側の両サイドに持ち手がつけられています。
112は片側にしかないので、両サイドにあるのはいいですね。

本番投入に先駆けてしばらくはエイジングです。


プレミアム商品券

pr001.jpg

今年は県内各自治体でプレミアム商品券を発行。
1万円で1万2千円分の買い物の出来る商品券が買えると話題を呼びました。
富山市の場合は抽選ながら低倍率で、申し込まれたうちの多くのかたが当選ハガキを手にされたことと思います。

ということで、市内ショッピングセンターで引き換えてきました。

pr002.jpg

当初は1日だけの予定だけだったのが、混雑緩和のため土日の2日間引き換えが出来るように変更になってました。
そのかいもあってなのか会場は案外空いてました。

pr003.jpg

案内の男の人が一人いて、はーいと手を挙げた引き換え係の人のところに誘導され、1万円札と商品券の綴りを交換するという流れです。
何に対するカメラかわかりませんが、監視カメラも取り付けられてました。

さて、商品券の使い途は・・・やはり食料品でしょうか。


組踊り

全国放送では稀な組踊りの放映があります。

7/10(金)22:00~23:00 NHK Eテレ
にっぽんの芸能「琉球の至宝 組踊を楽しむ 組踊“手水の縁”」
出演:宮城能鳳,新垣悟,玉城盛義,嘉手苅林一,石川直也,呉屋智,上間克美,山内昌也,仲村渠達也,安里ヒロ子,大湾清之,又吉真也,比嘉聡

再放送
7/13(月)朝5:00~6:00 NHK Eテレ


iPad 合体

1608.jpg

某デジ卓を導入しました。ソフトのバージョンの関係で最初に音出しするのに少々苦労しました。
いきなり現場に持ってかなくてよかった。
近日、レポ予定。

iPad約2枚分と少々の面積のミキサーで16本のマイクが使えます。
この大きさでコンプ、グライコも入ってとても便利。


テレビ

テレビ番組のお知らせです。
各種企画をはじめ公私ともに長年にわたりお世話になった「古謝美佐子」さん、いつもPAをさせていただいている「琉神」、敬愛する「夏川りみ」さんのテレビ共演です。

地球劇場 ~100年後の君に聴かせたい歌~ 第16回」 
7月11日(土)19:00~20:54放送 BS日テレ
8月2日(日)12:00~13:55再放送

放送内容 

番組サイトより~第16回にお迎えするウタビトは、沖縄の美しいメロディーを歌い続けているシンガー・夏川りみさん。
おなじみの名曲「涙そうそう」「島人ぬ宝」をはじめ、うちなーぐちで歌い上げる「Amazing Grace」などをフルコーラスで。そして、谷村新司とのコラボでは、沖縄を代表する名曲「花」、谷村新司 作詞・作曲の「ココロツタエ」を披露します。
もうひとつの見どころは、沖縄を代表する歌姫・古謝美佐子さんとの共演。赤子をあやす母の想いを歌った代表曲「童神(わらびがみ)」、そして、「新安里屋ユンタ」をはじめとする沖縄民謡メドレーを熱演。エイサーチーム・琉神も登場します。
夏川りみさんと古謝美佐子さんの、ここでしか聞けない音楽人生トークもたっぷりと。それぞれの「歌」に対する熱い想いと、沖縄の空気とをお届けします。


散歩中

fl1.jpg

季節感のない日常の中にも、無意識に季節を探しているようです。


↑