梅雨の晴れ間

jli1.jpg

先週の現場から。

市内有数の伽藍。昔はお坊さんが旅をするための宿泊施設だったそうです。

市街地も随分変わりましたが、ここだけはほとんど変わってません。

駐車禁止のスペースに堂々と駐められるのは、ちょっと気持ちがいいですね。

なんとかお天気がもって、積み下ろしで濡れなくてすんだのは助かりました。

jli2.jpg

EVのサブウーファーの上にダイナコードのフルレンジの構成。

ウクレレのためにコンデンサーマイクを使用。

定番のブルーラインでいこうかとも思いましたが、演奏位置の高い楽器なのでポップノイズを考慮してボーカル用のAT2010を使用してみました。
そのままだと硬い印象の音なので、ウクレレらしいほわんとした音にするにはイコライジングが必要ですね。

jli3.jpg



スポンサーサイト

宴の後

cab.jpg

ライブの後はガレージがケーブルで埋まります。

仮設PAは、ある意味引っ越しみたいなものだとある時思いました。

物を持ちだして車に積み込んで運んで荷ほどきして広げて並べてまた持ち出して車で運んで元に戻すという作業の繰り返しです。

そしてもうひとつ必要な作業が整理整頓。

これを怠ると、次にやるとき大変なことになります。

ボクサーが試合や練習の後にバンテージを洗濯したり巻いたりする作業にも通じるものがあるかもしれません。



ちょっと

so.jpg

ステージが畳敷きだと、ちょっと気を遣いますね。

つまり日本人は土足で部屋に入らないという。

マイクスタンドは未使用ですが、見た目の印象からスタンドに靴下をはかせてみました。



スイカ日和

wm.jpg

梅雨っぽい空模様ですね。

スイカ丸ごとまでは食べたくないけど、ちょっと味見はしてみたい、
そんな今日この頃です。

週明けのライブのために通販でCDを購入。
果たして間に合うかな!?


LITTLITE

LITT.jpg

6月もまだ前半というのに30度を超す暑さです。

写真はミキサーライトの定番、「LITTLITE」
ライブのPAミキサーを照らす蛇腹のようにうねったアレです。
LEDよりもハロゲンランプの色温度のほうが好きなので、未だにハロゲンランプを使ってますが、見た目の温かみだけでなく、実際に熱いので、これからの時期・・・

デジタクの場合、必ずしも必要じゃありませんけど、明るさが程よくて、進行表などを見るのには百円のクリップライトなどよりいいですね。


iPad アプリ

slr1.jpg

デジタルミキサーのiPad アプリ。

知り合いのPAオペレーターから、今どきは iPad に各社のアプリ入れて Wi-Fi でオペするのが普通ですよと言われたのが2年ほど前。
ぬおいおい、つい先日まで古めかしいデジ卓使ってたの私に見られてるのに。そもそも左右の音のバランスすらとれてないじゃないか、と思ったものですが。。

ひとまず、デモを試してみたところです。

今年に入ってヤマハやプリソーナス、ベリンガーなどがデジ卓の新しい世代を続々登場させ、マイダスからもデジ卓が発売されました。
しばらくは、目を離せないところです。

slr2.jpg

iPadで感心したのが、バッテリーの持ちのよさ。
充電の心配があまりないのは精神衛生上いいですね。


GEQ

geq.jpg

ラック内の機材の入れ替えで出したついでにと、夜になってからあれこれGEQ(グラフィックイコライザー)を試していました。
ちょっと疲れてきて、さて本題の入れ替えを終えなきゃと思ってラックに取り付けようという段になり、メーカーごとの微妙なサイズの違いゆえか、はたまたラックの精度のゆえか収まらないことが判明!?

結局、元のケースに出戻ることとなり・・・
ここで更なる悲劇が。

何か乾いた転がる音がしたと思ったら、スライダーのつまみがひとつ紛失。
なんとか床上を探し廻って本来あるべき位置に収めました。やれやれ。

最近はデジ卓の普及により、アウトボードのグライコは使わないとかやめたという人も増えつつあると思いますが、機材好きの心をくすぐる見た目やはっきりと効果が実感出来るスライダーなどまだまだ捨てがたい魅力があります。



↑