エンジン01

en01.jpg
街のあちこちの看板を始めとした広告で、市民にはすっかりお馴染みとなった「エンジン01」に行ってきました。
何年ぶりかで乗った市電は、乗り方すら忘れていました。
車両前方の広告画面に出る星座占いによると本日の運勢は最下位の12位だとか。これから一日が始まるというのになんということを言ってくれるのだろう。12位にはモザイクでもかけて表示してもらいたいものです。
用事が出来てしまい一時間目の服部克久さんらの講義には遅刻。あたっているともいないとも。

服部さんによるとモノを見て音を感じられるようになることが、作曲の極意らしい。
曲が降りてくることはあるかとの質問に、湧いてくることはあっても降りてくることはないとのお答え。
関係ないけど、ジョン・レノンは晩年、曲作りを排泄に譬えていたのをふと思い出しました。排泄物が降ってきたらかなり怖いかもしれませんね。

en05.jpg
会場の富山大学は有名人が闊歩する非日常空間に。
聴きに来ている人は年配のかたが目立ちます。
学校的なものが好きな世代。歳をとったからこそわかることというのもありますね。

二時間目は、倍賞千恵子さん、三枝健起さん、高橋康夫さん、手塚眞さんの講義を選びました。
人気の講座で早くから行列が出来ていました。
高橋さんの奥さんは三田佳子さん。
司会役の手塚眞さんの進行が実にうまい。若い頃、手塚治虫の息子としてテレビによく出ていらした頃とはかなり印象が変わっていました。お洒落なおじさんくさくない壮年です。
話の中で、小芝居をしない役者が素晴らしいということが出てきましたが、確かにそうですね。
倍賞さんは何十年ぶりの富山で街も変わったと話されていました。

en04.jpg
三時間目は、ちばてつやさん里中真智子さんという超有名マンガ家の講座。
ひと昔前なら最前列で聴講するなんて至難の業だったでしょう。
それでもこの日も東京からいらしたかたもある人気の講座となっていました。

ちばてつやさんにお目にかかるのは初めて。
とても優しそうな雰囲気でマンガの登場人物のようなかたです。
時々、タートルネックをあごのところまで持ち上げるのは、照れくさいときの仕草なんでしょうか。
満州から引きあげてきたときに弟や妹にマンガを描いてあげて喜ばれて、次はどうなるのかとせがまれるのがうれしく、それが原点だと話されていました。人を喜ばせる心みたいなことの大切さですね。
里中さんがプロジェクターに本を投影する係りをその場の流れでされていましたが、ページのめくりかたや、コマのピックアップなどに独自の感性を感じられ新鮮でした。
マンガ家の記念館を作るには行政への働きかけが大切というような現実的な話もされていました。

en07.jpg
四時間目はおそらくこの日一番の人気講座。立川志の輔さんの講座です。
山本益博さんの司会で落語や談志師匠の話をされた後には、お弟子さんの高座があり、最後には志の輔さんによる新作落語「みどりの窓口」をされました。北陸新幹線が出来たことにより、今回が最後のリクエストとなるかもしれないとも言われていました。

en09.jpg
クーラーもつけられましたが、着物姿の志の輔さんは大汗をかかれての熱演でした。
志の輔落語がワンコインで聴けるなんてなかなかないことです。

en08.jpg
人だかりの書籍販売コーナーの上を見上げると、こんなところにも看板が。

en13.jpg
帰りの市電乗り場は長蛇の列で、歩いて市街に向かう人も大勢いました。
この場所で多くの人が写真を撮っていました。


スポンサーサイト

ピンスポ

pinspot.jpg

新しく、フォローピンスポットライトを導入しました。
明るさは値段なりですが、ちょっとした舞台に明かりが欲しいときに使えそうです。

公共ホールの劇団で、照明家の先生のもとセンターピン担当として稽古して以来のピンスポ歴。
それからいつの間にやら10年あまり。
ついにマイスポットライト購入です!?


快晴

tu01.jpg
久々の快晴。見晴しのいい場所には大勢のカメラマンがいました。
やや靄っていますが、今月に入ってからでは最も山がよく見えました。

tu02.jpg
間もなく夕闇に。これくらいの時間になるとほとんどの人が帰っていきました。
冷え込む空気。明日もいいお天気になりそうです。


遅い初雪

2301.jpg
北陸新幹線開業後、富山県内では初の降雪となりました。

2302.jpg
ならば新幹線と降る雪の尺を撮っておこうということで。

2303.jpg
この大きさだとわかりづらいですね。

2304.jpg
ここのところの春らしいお天気から一変、北陸らしい冬の空です。


にわか

sh02.jpg
北陸新幹線開業から4日、にわか撮り鉄と化したかのように連日新幹線周辺を追っています。

何を追っているのかといいますと、実は人。

年配の人から子供まで、多くの人から親しまれている新幹線ですが、3世代、4世代が同時に楽しめるものって今どきなかなかないと思います。
しかも正直な反応がとてもいい。今だけの新鮮な反応。
開業から1ヵ月が勝負だろうなと思っています。

sh01.jpg
この新幹線は、地元の年配の人が非常に多く見に来ているのも特徴だと思います。

生きている間に見られるかどうかという開業までに長い時間のかかったものだったことが伺われます。

sh03.jpg
見ず知らずの人と気軽に話の出来る共通の相言葉。

新幹線もなかなかいいものじゃないかと感じるこの頃です。


北陸新幹線 開業初日 富山駅

hokushin01.jpg
2015年3月14日、北陸新幹線が開業した。
私が小学生の頃、学年全員に配られた小冊子に描かれた未来の富山に北陸新幹線の絵があった。
もちろん後の世のW7系車両ではなく、初代新幹線0系の団子鼻の姿だ。
それから幾年月、祖父母、伯父、伯母たちは全員既に故人となり、北陸新幹線の着工までは見ることが出来たものの父も2年前に亡くなった。
親世代では唯一、最年少だった母親だけがこの日まで生きることが出来、親族で私より年長は、この母といとこだけとなった。

自分が大人になる頃には地元に新幹線も開通しているのだろうと子供の頃に思っていた、確かにそれは実現したが、実に長い時の流れで、単なる感慨というよりも、やっとかという呆れやら、なんとか見ることが出来たかという思いやら、はたまた先人の苦労を偲んでみたり、いろいろな感情の入り交じった思いの日となった。惜しむらくは、初代0系の団子鼻の新幹線をこの駅で見たかった。
新幹線開通は輝かしい未来というよりも、ようやく太平洋側の普通の最低くらいに並んだということだろう。

hokushin04.jpg
東京行き始発「かがやき」のホームはすごい人出。

hokushin03.jpg
石井県知事もここ数日、大忙し。

hokushin05.jpg
前知事の中沖さんの姿もあった。

hokushin06.jpg
ホームは緩くカーブしている。

hokushin09.jpg
新幹線ホームから路面電車がよく見えるポイントがある。

hokushin11.jpg
路面電車は新幹線ホーム下まで乗り入れているので、雨でも濡れずに乗り込むことが出来る。ちなみに駅北側までは貫通していない。

hokushin13.jpg
hokushin14.jpg
hokushin15.jpg


この冬の雪も

20150311.jpg

そろそろこの冬最後の雪でしょうか。
気持ちに余裕を持たせようといつもの公園を散策中。

2015nazo.jpg

公園のグラウンドで不思議な足跡のようなものを見つけました。
大きさはおよそ70~80㎝。足跡にしては大き過ぎます。
何かがダイブしたように2m程の間隔で延々と続いています。


Panasonic モバイルバッテリー PL203/PL302

qepl1.jpg
最近ネットなどで見かける大容量のモバイルバッテリーが気になっていたところ、たまたま家電店の店頭で従来の日本メーカーのものが安くなっていたので買ってみました。

Panasonic モバイルバッテリー PL302とPL203
バッテリー容量は
QE-PL302 が容量8700mAh
QE-PL203 が容量5800mAh
と今どきのものとすれば特に大きいほうではありません。

qepl2.jpg
それでは順番に紹介。
まずは小さいほうのQE-PL203 から
こちらは、サンヨー時代のエネループ・モバイルブースター「KBC-L2BS」の後継的製品で、本体部分はそっくりです。
特徴は容量が少々アップされ、表面がツルツルから少しザラついた触感のものに変更されており、充電ケーブルが本体一体型になっています。もちろん普通のケーブルも使用可能。

qepl3.jpg
またもう一点大きな変更点として、ACアダプタの接続部分からDCプラグ・ジャックが省略されています(写真は上がPL203、下がエネループ KBC-L2BS)。
専用の別売ACアダプタで充電するか、PCのUSBから給電するか、汎用のUSB充電器を使うか、以前に紹介したUSB充電付き電源タップのようなものを使うかということになると思います。

qepl5.jpg専用の別売ACアダプタが存在するとは言うものの、お金を出してまで必要なのかどうかということになりますが、たまたま一緒に売られていたQE-PL302 のほうにACアダプタが付属しているのを見つけ、一緒に購入となりました。
こちらPL302は容量も大きめ。

ひとつ問題は、どちらも充電時間が長いことです。

充電時間はパソコンのUSBだと
QE-PL302 が19時間
QE-PL203 が12時間
もかかるとのこと。
ACアダプタで
QE-PL302 が9時間
QE-PL203 が6.5時間
とのことなので、
PC以外での充電が現実的に思われます。

qepl7.jpg
USB充電付き電源タップで充電してみましたところ(2ポート同時使用)、
ケーブルを充電をつないだ時点で赤ランプ点灯(バッテリー残量30%以下)から満充電までQE-PL203のほうでおよそ4時間、PL302が6.5時間(途中から1ポート充電)ほどでした。

qepl8.jpg
ちなみにQE-PL302 に付属のACアダプタ、旧サンヨーのエネループ・モバイルブースター「KBC-L2BS」付属のACアダプタにそっくりです。

qepl9.jpg
違いは、本体に挿す部分が「マイクロUSB」に変更されていることです。

いろいろ活用していきたいと思います。


radico プレミアム

radi.jpg

3月4日は「さんしんの日」
恒例の琉球放送iラジオの番組を聴くためにradico のプレミアムに登録してみました。

いつものustreamの放送が今年はなかったため、フリーソフトで現地の放送を聴こうとジタバタしてみたもののうまくいかず、時間になってしまったので、王道の方法で聴きました。

音質は、ちょっと軽い感じですがソースによってはきれいに聴こえます。
遠くのラジオは素晴らしい文化の教材でもありますね。
しばらくは、あれこれの番組を聴いてみたいと思います。


とやま子守唄フェスタ

とやま子守2015

一昨年、ゲストアーティストの撮影担当として参加させていただいた催しです。
昨年は東京での開催でしたが、今年はおなじみの国際会議場での開催です。
素晴らしい催しを富山でやっていただいてありがたいことです。

富山新聞主催で無料で入場できます。
笑顔が素敵な童謡歌手の雨宮知子さん、ダンディーなお姉さん川口京子さん、クレバーな雰囲気のピアニスト長谷川芙紗子さん、素晴らしいお人柄の理事長 西舘好子さん他の出演です。


↑