STAGEPAS 聴き比べ

STAGEPAS 600i 1

ヤマハの新旧STAGEPAS および小型PAスピーカーとして定評のあるElectro-Voice ZXA1を聴き比べてみることにした。

比較した製品
・STAGEPAS 600i 640W
・STAGEPAS 500 500W
・STAGEPAS 150 150W
・Electro-Voice ZXA1 800W
以前はSTAGEPAS 300も持っていた時期があり、STAGEPAS 150 とはほぼ同じ音である。

まず、STAGEPAS 150でジャズ、POPS、ROCKなどを聴いて耳に馴染ませる。
続いてSTAGEPAS 600iで同じように聴いてみると 600iのほうは霧が晴れたような印象で2ランクは上の音という感じがする。
聴き比べると150のほうは音が前に出てこず、狭いところで鳴っている感じがする。価格差だけのことはある。
次に600iと同じ10インチのSTAGEPAS 500との比較で聴くと
似たような雰囲気ではあるものの600iのほうが派手で高音がシャリつき、低音から高音へのつながりがいまひとつの印象がある。
もっとも600iではミキサーが3バンドになっているため、MIDを足してやれば音のつながりについては、あまり気にならないようになるかなという感じではある。
なお600iでは、高域再生のコンプレッションドライバーが、STAGEPAS 500の1インチから1.4インチに大きくなっている。
600iのほうは今風のドンシャリ傾向の音だが、驚くほどの差は両者に感じられない。個々の音の明瞭さでは600iが勝る印象。
STAGEPAS 500 は地味な印象ではあるものの音のつながりなどはこちらのほうがバランスがよく違和感を感じない。用途によってはまだまだ出番がありそうだ。
他に気になる点では、STAGEPAS 500 のほうがファンノイズが大きいこと。ホワイトノイズはどちらもあるものの600iのほうが幾分ましかなといった程度。

次にElectro-Voice ZXA1を聴いてみると、これはもう音が鳴った瞬間からキャラクターの違う商品だなということがわかる。
音の輪郭が際立ち、8インチと思えないほどの豊かな低音が出る。演奏のグルーブ感が増し、聴いていて心地いい。 ZXA1にないものはというと、STAGEPAS 500 や 600iでは感じられたアンビエンスな音というか録音された空気感みたいなものがあまり感じられず、オンマイクな感じの音になることだろう。
これは良くも悪くもで、人によってはリスニング向きではないと感じる人もあるのではないだろうか。
まさにPAスピーカーといった感じの商品。
音の主役と脇役が非常に明確で、これに比べると600iでも曖昧な印象である。
ZXA1の弱点のひとつはホワイトノイズで、狭い場所ではけっこう気になるレベル。
ZXA1ペアの価格とSTAGEPAS 600iの価格はほぼ同程度であり、PAスピーカーとしてはZXA1に魅力を感じるが、STAGEPAS 600iのほうもミキサーの出来やデザインがよく、所有する喜びを感じられる製品という印象を持つ。なお、STAGEPASのスピーカーはいずれもスピーカー本体のみではパラレル接続は出来ない仕様となっている。

STAGEPAS 600i 2

その他の比較
■可搬性
EV ZXA1は8.6kg と最も軽く重量の点では持ち運びによさそうだが、取っ手の部分が手を差し込むだけで握りこめない構造のため片手では非常に持ちづらい。
旧STAGEPAS は取っ手が握りやすく普通に運べる。
新STAGEPAS はZXA1同様に取っ手の部分が握りこめない構造ながら取っ手の位置がよいので落っことしそうな感じはあまりしない。

■筐体
600iは今風のデザインだが、プラスチックそのままの見た目であまり頑丈そうには見えず(実際割れた物を目にしたことがある)、おそらくヘビーデューティーな扱いには向かないと思われる。手垢がつきやすいという欠点もある。
500はデザインの完成度は高いが、よく普及したデザインだけに見飽きられているということはあるかもしれない。シボの入ったような表面加工だがくすんだ雰囲気になりやすいのが難点。
ZXA1はよく言えば小さな巨人。悪く言えば見た目でけっこう損をしていると思われる。ネットにスポンジが装着されているなど本格的な仕様だが、もう少し高級感があればと思う。

いずれもスタック(積み重ね)出来ない構造となっている。

ところで、なぜ同じような機種を買ったり手放したりしているかといいますと、これは一種のオーディションみたいなものなのです。
持てる数、運べる量には限りがあるので、よりよいものを探し求めて保持するように努めています。


スポンサーサイト

コメダ・メニュー たっぷりカフェオーレ

コメダ カフェオレ大

時々立ち寄るコメダ珈琲店で、毎回違ったメニューを頼んでみることにしました。

題してコメダ・メニュー

第1回は、たっぷりカフェオーレ 500円(税込) です。

ん? 値段が違うのでは?
と思われた方もあるかもしれません。
実は、コメダのメニューは地域によって若干の値段差があるらしいのです。
北陸はやや安めの価格のエリアに入ります。

たっぷりカフェオーレは普通のカフェオーレに比べて約1.5倍の分量で、値段は100円差のメニューです。
味は、あまり甘くなく、かといって薄くなく、粒状感のあるカフェオーレです。
再び注文したいかと問われると微妙ですが、まずくはないです。 すきずきのある味でしょう。
イメージするカフェオーレとは少し違ってましたが、これはこれでありだなと思いました。
モーニングサービスのパンとの組み合わせは、いかにも朝の軽食といった雰囲気でしょうか。


日曜

福井 海

福井を移動中、景色のよいところでひと休み。
絵に描いたような紅葉です。
そぼろ弁当のようでもあります。

zxa.jpg

PA中。
なかなか思った音にならず、配線をああだこうだといじってます。
音が遠い感じ・・・こういうときは大概ケーブルか配線に難があるときで・・・
最終的にいつものやり方に落ち着きました。

福井夕焼け

片づけ中の空。きれいな夕焼けが見られました。
疲れも空に吸い込まれていくかのようで、さわやかな心地になりました。


積み込み完了

積み込み完

日曜は県外へ。
エレボイの12インチパワードサブを初現場投入します。
どの程度鳴ってくれるか楽しみです。
積み込み完了、後は出かけるのを待つだけです。

抹茶アイス

いつ以来になるか、午後からは母と久しぶりにデパートへ買い物に行ってきました。
ぜんざいを食べたいというので入った店。
私は頼むものがないので、抹茶アイスを注文しました。


綾雲

綾雲

ガソリンスタンドでタイヤをスノータイヤに交換。
ちょっと出足が重いけど、これで凍結にも一安心といったところです。

いいお天気の一日で、山は下のほうが紅葉、上のほうは雪を被り見事な景色を見せていました。

夕暮れ時には、虹のような綾雲も出ていました。
見るのは今年二回目。
偶然目にするとなんだか得した気分になります。
明日もいい天気が続きそうです。


富山ブラック

blra.jpg

富山に長年住んでて、富山ブラックは食べたことないです。
富山ブラックという名称は比較的最近普及したもので、もともとは「大喜」のラーメンのことでした。
ブラックというと包丁人味平のブラックカレーを思い出しますけど(古っ)、
働く人のために塩分の多いスープを店主が作ったのが起源のようです。

インスタントの富山ブラックというのを食べてみました。
パッケージの写真のスープは、イカスミかと思うほどに黒い。
実際に作ってみると確かに黒くはあるけれど、そこまででもない。
味はとってもスパイシー。
メーカーはよく見ると「寿がきや」とある。

いつか本物を食べることはあるのでしょうか。


芸術の秋

backm.jpg

日曜の芸術創造センターは駐車場が満車。
芸術の秋といったところなのでしょうか。

車をバックで駐めようと映った落ち葉の眺めにしばし見入ってしまいました。
感傷に浸って車をぶつけてはいけません。

秋深し スノータイヤに 履き替えねば です。


注文品

マスター送付

この秋の試み。
フルハイビジョン5台のマルチカメラ編集で公演ビデオを作成しました。
外注のコピー会社に送るまでにおよそ300時間余りの作業時間を費やしました。
その外注先からデータが戻ってきました。

締切の関係で、ジャケットまでは力が及びませんでした。
今回はこのような感じで。

ケースへ

余剰で帰ってきたジャケット用紙を市販のケースにセットしてみる。
なるほど。立体物になると実感もわきます。
2014年秋も残りわずか。
まもなく冬がやってきます。


百円ギター

100g.jpg

たまたま寄った百円ショップにクラシックマイギターという名前で売られていたギター(?)です。
ネタにしようと買ってみました。

弦が4本だからギターというよりもウクレレでしょうか。
調弦は、三線風にやってみました。

ポイントは、弦の太さが全部同じで、ペグも弱々しいので、弦を切らさないよう、ペグを壊さないように緩い状態で調弦することでしょうか。
下手にフレットが切ってあるので音痴な音になりがち。
囁くような小さな音で鳴ります。

曲はそれっぽく弾ける場合もありますが、これを弾きこなすには指先の器用さと音楽的センスが必要ではないでしょうか。
子供が普通に楽器として使いこなせるようなものではありません。
ペグを改良し、弦を張り替え、フレットを正しい音程に切りなおせば楽器っぽくなるかもしれませんが・・・誰か試してください。音を聴いたら萎えます。勇者求む。
値段が値段なので、オブジェや人形に持たせるギターなどとしてよいかもしれませんね。

音に興味のあるかたは、動画サイトなどで聴くことが出来ます。


りみコン

夏川りみコン1

りみコンとは、夏川りみさんのファンの人たちが、りみさんのコンサートを称した言葉。
今も使われているのかな。

ハードワークを終えて、入善コスモホールでの夏川りみさんのコンサートに行ってきました。
最初に行ったりみコンから11年半。
何年も前から一緒になるかたもあれば、普段の付き合いはあってもコンサートではこの日が初めてお会いするかたもあります。
どちらもうれしいことです。

珍しくというか初めて母親とコンサートに一緒に行ってみようと思いチケットを用意、ところが体調がよくなく行きたくないとのこと。そんなものですね。
ぎりぎりなので、代わりに行く人もなにかのタイミングなのか見つからず、最前列に空席を作ってしまいました。
このあたりは昨年亡くなった父の郷里で、またこの地で歌が聴けるのはありがたいことです。今回はちょっと広い席で聴かせていただきました。

最近は大物歌手のかたから楽曲提供されることも多いりみさん。
素晴らしいことだと思うけど、いいなと思う曲はむしろ初期の頃のものに多い気がします。
りみさんというときれいな歌声という印象を持たれがちだけど、本当の魅力は人柄のにじむようなやさしさや力強さを感じさせる歌声にあると思われます。もっと本人の持ち味の生きる楽曲を作ってほしいと思うのは私ばかりでないと思います。
古いファンの繰言です。

コンサートは大変に盛り上がり、長く鳴りやまない拍手が会場を包みました。
そしてその拍手の長さに負けない長いお辞儀を舞台袖でされるりみさん。
これからも長くご活躍の続くことをお祈りします。

夏川りみコン2


↑