QSC GX5

gx5 gx3

パワフルでコストパフォーマンスも高いQSC のアンプ「GX5」を導入しました。
主なスペックは、
ステレオ出力(8ohms):500W+500W
入力端子:XLR/TRSフォン/RCAピン
出力端子:NLスピコン/フォン/5ウェイバインディングポスト
となっており、このシリーズの特徴として入出力端子か豊富です。
背面の切り替えスイッチはやや作りが甘いので、切り替え直後などはちゃんと望む音が正しく出ているか注意が必要ですが、トータルバランス的には使いやすいアンプです。
さっそくスピーカーはSX80を使って試聴してみました。

上の写真は同じシリーズの300WタイプのGX3と聴き比べているところです。
音の傾向はほぼ同じで、ボリュームは聴覚上、写真のダイヤルの位置くらいで同じに聴こえます(あくまでも個人的感覚です)。家庭内で鳴らせる程度の音量で聴いているので、現場で突っ込んで出す音とは違うかもしれませんが、思った程のパワーの差は感じません。
気のせいかGX3よりもホワイトノイズが多い気がします。
使い始めのためか、音の深みでも負けてる感じがします。
GX3のほうが、うるさくなくよく通る音がしています。
これからといったところでしょうか。

gx5 p7000

GXシリーズと購入の比較対象になりそうなもののひとつが、YAMAHA の Pシリーズです。
YAMAHA の P7000S とも同様に比較してみました。
こちらは、ステレオ出力700Wです。
パワーにけっこうな差があるかなと思いきや、出力の小さいはずのGX5のほうがパワー感を感じさせます。
同じくらいの音の大きさに感じるのは写真のようなダイヤルの状態でした。
音質に関してはP7000S のほうは、ホワイトノイズが少なく、静かな音楽もしっとりと聴かせ、ワンランク上の上質な音がします。元気さではGX5ですが。
冷却ファンがうるさめのGX5に比べてP7000S のほうは作動音も感じられず、狭い室内でも安心して使えます。
同じくらいの出力の製品の場合で価格差が1.5倍くらいあるので、値段の違いをどう考えるかになります。
両者の比較では、じっくり聴く(聴かせる)ならP7000S、元気さが欲しいならGX5という使いみちが合ってそうに思われました。


スポンサーサイト

3並び

pr3.jpg

ショッピングセンターで買い物を終えて出てくると、同じ色と形の車が3台縦に・・・
これは、何かよいことでもある兆しでしょうか、
と思っていたら、前からヒビ割れていたキャッシュカードがついに読み込み不能になってしまいました。
どうやら磁気面の裏側にテープがかかるとだめなよう。
さてさてどうしたものか。

先程、閉店間際の家電店にプリンターを買いに行ったら、
予定のひとつ上の機種を安く買えました。
価格コムよりも安いのはこちらでは珍しいです。
プラスマイナスというオチで・・・


ん?

cat1.jpg

駐車場で隣りに駐まっていた軽トラの荷台の毛布みたいなものが動いたと思ったら
猫でした。

cat2.jpg

餌になるものを探していた雰囲気。
精悍な顔つきです。

cat3.jpg

猫の主は車の主ではなく、このあたりの猫のよう。

またね。


1019ge.jpg

日曜は芸術創造センターでの三線練習会に顔を出してきました。

雲一つない快晴の青空です。

天高く 私肥ゆる 秋・・・

いえいえ、大台マイナス1キロをキープしています。

1019@gei.jpg

11月の施設利用の人たちによる発表会の告知がされていました。


今週

evet1.jpg

台風19号も去り、静かな空が戻ってきました。
ここのところブログの更新も滞りがちになってますが、近隣イベントなどはチェックしています。

台風被害と言えるでしょうか、台風通過の日には野外イベントなどは中止になっているところもありました。

evet2.jpg

イベントが流れて支払いだけが残ったりするというのは、イベントに関わる人ならみんな避けたいことです。
天候に左右されやすい野外の怖いところですね。

ビデオ編集も紆余曲折ありながら、なんとかサンプル盤まで漕ぎつけました。
もうあと一息。


日曜の午後のパソコンライフ

先月のノートPC購入以来、動画ファイルと写真以外は入れてないにも関わらず、早くもハードディスクのC領域の空き容量が2割を切ってしまったため、取り急ぎデータを他に移しつつ使用しているこの頃です。
容量1TBあってもハードな動画編集用途だと使い切るのはあっという間ですね。

なんとか動画編集は一通りのところまで区切りがつき、次はいったんオーサリングしてディスクで確認、「After Effects」を使うかというところまで来ました。

ブルーレイの繰り返し用途のBD‐REメディアはこれまで使う機会がなかったのですが、今回はいろいろ試したいので使ってみることにしました。
さて、うまくいきますかどうか・・・


なにやら

1007.jpg

なにやら厳粛な行事の最中。

知り合いが売っているという物産品を買いに。。


空は素晴らしい青空、秋晴れです。

風はもう完全に秋の風。肌寒さを感じます。

oki1007.jpg

ふと気づけば、そばばかり買ってきていました。


CANARE ケーブル&コネクタボックス

canare50a.jpg

PA現場でおなじみのこれ、広い場所でのライブ用にドラムリール巻きのケーブルとコネクタボックスを導入しました。
長さ50m、16チャンネル。センドとリターンがあるので、ステージ側でパワードスピーカーを使えば少ない手間でモニター環境が作れます。

重さは写真のセットでおよそ40kgあり、軽くはないですが、重量バランスがいいのか持ち上げるときもそれ程の重さを感じません。
これまでは某社のものを持ってましたが、持ち運びがし辛く出番がなかったため思い切って定番のこちらを購入しました。

新品で定価なら30万円以上。
とてもそんな値段では手が出せません。今回、たまたま状態のいいものを安く入手出来ました。

canare50b.jpg

早速、全チャンネルをチェック。各チャンネルとも良好です!


Adobe Premiere Pro CC

cc.jpg

Adobe Premiere Pro cs6 までと違い月額制になったAdobe Premiere Pro CC。
このシリーズを使うのは初めてで、Photoshopの動画版だろうくらいに安易に考えてましたら、これがなかなかわかりにくく苦戦しています。
近所の本屋にAmazonで検索すると上位に出てくる本が4冊あったので全て読んでもまだわからないことだらけ。
だいたいこういうことが出来るはずという推測のもとに進めていますが、使用6日目にしてようやくプロジェクト全体の目途が立ってきました。
編集というよりも、ほとんどがソフトの使用法の解明に時間が費やされています。

今やっているマルチカメラ編集の助けとなりそうなのが、CC から追加された機能の自動音声同期。
同じ時間軸と空間で撮影されたクリップを取り込めば、録音されている音声を使ってソフトが勝手に同期してくれるというもの。
しかし実際に使ってみると長時間のファイルなんかは同期できるけど、短い時間のものなんかは同期されないことが多く、同期できないものは頑張ってアナログ的にタイミングを合わせていくか、あきらめて作業を進めるかの選択をする他なく、思ったほど便利に使えてません。
撮影時にあえてカットせずに回し続けるような撮り方をすればよいのかもしれません。
編集を見越した撮影をしないと後で大変な思いをすることに…

それから、ソフト側の問題ではありませんが、ビデオ側の録画時2GBの制限で細かく分割されたファイルを本来のファイルに結合しておかないとなにかと不便な目にあいます。
私はテープ式以外のビデオはすべてcanonなので、付属ソフトのVideo Browser であらかじめpcに取り込んでいます。これで自動的にファイルが本来の状態に結合され、import video data の combine というところに格納されるので、それとAVCHDフォルダに自動で振り分け格納されているファイルとをソフトから読み込んで使っています。

このあたりのことがようやくわかってきたのが昨日、今日といったところです。


↑