エレクトロボイス newシリーズ

ETX.jpg

エレクトロボイスがまもなく日本でも発売すると噂される新シリーズのパワードスピーカー「EV ETX」について簡単にまとめてみた。

・クラスは、現在発売されているZLXとLive Xの上位の位置づけという。Live Xですら音楽用途としてはひと息という声もあっただけにまさに望むところだ。

・ラインナップは6種類。10インチのパワードがエレクトロボイスに加わった。
3種の2ウェイモデル(10インチ、12インチ、15インチ)
1種の3ウェイモデル(15インチLF、6.5インチMF、HFチタニウム・コンプレッションドライバー)
2種のサブウーファー(15インチおよび18インチ)

・スピーカーボックスはツアー・グレードの木製エンクロージャー。写真ではLive X(ELX)に似ている。斬新過ぎないデザインには実用の道具として好感を覚える。

・1つのコントロール・ノブからDSPの全機能をコントロール可能。ZLXに内蔵のものよりかなり多機能化しているようだ。

・2,000W(フルレンジモデル)のクラス-Dパワーアンプは、クラス最高のSPLを発生するという。2,000Wとは特筆ものだ。しばらく前まではこの手のパワードスピーカーのトレンドは1,000W前後だったが、各社のパワー競争にますますの拍車のかかりそうな数字である。

・角度をつけたスピーカーマウントが可能なポールマウントソケット。ヤマハのDXRシリーズ等に見られるものだ。

・全ての組み立て工程はアメリカのエレクトロボイスが行う。

気になる価格は、海外での価格から推測すると、10インチタイプがZX-A1のおよそ2倍程度なので、10万円程度か。シリーズ全体では10万~20万円強あたりと推測。

2014年前半の出荷開始を予定しているというから、もうまもなくのお目見えとなりそうだ。


スポンサーサイト

泊まってみたい…?



ポール・マッカートニーさんが昨日帰国されたとのこと。
音楽の世界では歴史上の人物といってもいい存在ですね。
私も一度ライブをいや動いてる姿だけでも拝見したいと思ってましたが、高額チケットと時季的なこともあり今回は残念ながらと思っていました。
ファンの人たちはどこで知るのか滞在中のホテルなどにも押し寄せていたとのこと。気持ちはとってもよくわかります。

ホテルは常宿はないみたいであちこちに泊まられているようですが、今回だとこのあたりでしょうか。
ポールが泊まったことのある宿ツアーなどというのも一興かもしれません。

ちなみにこちらのお部屋だとダイニング・リビング・キッチン・ベッドルーム・ジャグジーバス付きの バスルーム・書斎・トレーニングスペース付きで1泊98万1,750 円だとか。
自分で泊まりたいとは思わないけど、おもてなしでいつかこのようなお部屋を誰かに用意してみたいものですね。


優待

ukabu.jpg

そう言えば、ユニーから株主優待の商品券が来ていました。

100株持っていれば1000円分、900株でも1000円分、
1000株持っていれば3000円分とか
そんなシステムになっています。

200株しかないので、配当も税金2割引かれて1913円

ユニー(アピタ)で使えるので、これもお中元用に消えて手元に残るものは1円もないでしょう。

お金には縁がないのでありますよ。


練習の練習

taiko.jpg

前々から先送りになっていた太鼓の譜面起こしの作業です。

何年越しかわかりませんが、構想数年、実行3時間で練習のための譜面の草稿が出来上がりました。

三線の譜面に締太鼓と大太鼓のタイミングを書き込んでいく形ですが、もしも三線が出来なかったらさぞや大変な作業だろうと思われました。

出来たものをコピーして会員に配る予定だったのを思い直しました。

これはとてもいい勉強になります。

各自セルフで譜面を起こしてもらったほうがいい体験になりそうです。


HI-MD

himd3p.jpg
物置を整理していたら、
HI-MDの1GBメディアが出てきました。
それも未使用っぽい3枚パックのもの!

以前は家電店で普通に見かけましたけど、お目にかかるのは久しぶりです。
HI-MDは一部のマニアの人の間で価格高騰してますが、これは好きな規格でした。

圧縮されても音がよくて、それまでのMD資産も活かせるため、もっと長く続いて欲しかった。
著作権保護の縛りがきつ過ぎたり、PCとの連携が時機に遅れたことなどもあり、後から出てきた規格に息の根を止められた。
一度もHI-MDの音なんて意識してなんて聴いたこともないというかたも多いはず。
陽の目を充分に見ずに消えていった規格でした。

今はMP3もエンコーダの性能向上などで音がよくなりましたが、レコーダー本体で分割出来ない機種があったり不便な部分もあります。
業績不振のSONYのニュースをやってましたが、日本の会社にはがんばってもらいたいですね。


渡りぞう~瀧落菅撹



久しぶりに一人で練習施設まで出かけて三線を弾いてきました。

練習会用の音源作りと多重録音用のベースとなる録音がこの日の主な目的です。

三線については一度完全に手じまいにしようと思っただけあって、ここ一年ほどは練習会の指揮以外では全くやっていません。
普段身体を動かしていない人が、急にスポーツでも始めたようなもので、動きの覚束ないところが多々あります。

近くの部屋でドラムスを叩いている人の休憩の合間を縫って、なんとかミスショット気味ながらもギリギリ使えそうなものが録れました。

まがりなりに三線が続いているのは、私なき後も練習会をやってくれている人たちのおかげなのかもしれません。
三線だけでは寂しいので、別の楽器を入れる、ここからががんばりどころです。


バッテリーチャージャー

bate1.jpg
久しぶりに家電店の売り場をのんびり見て回ってましたら

限定コーナーで出会いました。

スマートフォン・デジタル機器対応 バッテリーチャージャー

bate2.jpg

ちょっと箱にスレは多いですが、百円です。

最近ではモバイルバッテリーも安くて大容量化し、こういう電池式のは人気がないのでしょうか。

注意書きを読むと、micro USB で接続できるデジタル機器に使えるとのこと。

bate3.jpg

ということで、安いし、エネループを入れて使ってみようと思い、一個買って帰ってきました。

開封すると、なんとmicro USB ケーブルも付いてました。

ケーブルは、mini USB タイプのものを使えば、mini USB 端子のものにも使えそうです。


TASCAM DR-100mk2 その2



前回に引き続き、ハンディレコーダーの性能テストをしてみました。
今回は三線の音を内蔵の単一指向性マイクで録ってみました。

三線は楽器の中でも録音で雰囲気の出難いもののひとつではないでしょうか。
内容は、移動の合間に公園の駐車場で演出過剰気味に弾いたものです。
ノイズがわかりやすいように無編集のままです。

レコーダー TASCAM DR-100mk2
設定 マイク:UNI ゲイン:MID 6
レート MP3/192kb
楽器 三線/本皮・黒木(カミゲン)
収録場所 車内


プリウス 運搬車

p001.jpg

財布にやさしいプリウス

ド ノーマルのまんまで乗ってます。

プリウス ド ノーマル (フランス語ではありません)

p002.jpg

しかし後部座席を前に倒せば、

15インチウーファーのスピーカーが4台くらいは余裕で載せられる万能カー。

帰りのかばんの周りにはにはまだ若干の余裕がございます。

p003.jpg

とはいえ限度はあって、

18インチサブウーファーを積むと、バックドアぎりぎり一杯です。


0%

ren1.jpg

今日は、午前も午後も降水確率0%の予報でした。

意外ににないことです。

自信の0%予報はアタリ。

いいお天気だけど、ギラギラした天気ではなく、おだやかな晴れでした。

三連練習帰りに一枚。


↑