夏のお知らせ

wm.jpg

「夏」といえば思い出すもの

湧き上がる入道雲

海水浴

はるかな尾瀬 遠い空?

いろいろあると思いますが

私はやっぱりこれデスネ


スポンサーサイト

日米首脳会談 Shure BETA 57A

s57b1.jpg

先日24日の迎賓館で行われた日米首脳会談の映像を覚えておられるかたも、まだ大勢いらっしゃるかと思います。

会談の長テーブルを挟んで、上手に日本側、下手に米国側、それぞれの首脳の前には卓上グースネックスタンドに Shure BETA 57A マイクが各国それぞれ2本ずつ印象的に設置されていました。

場面の演出者が誰かはわかりませんが、仕切っているのは音響屋さんではなさそうな大胆かつ意味ありげな演出だと思ってテレビを眺めていました。

米国ゲストだから米国製のマイクを目立つように配置したわけでもないと思いますが、誰が発言してるかを象徴的に見せようとする仕掛けの意思みたいなものを感じました。

s57b2.jpg


先日の小保方さんの会見では、メインのマイクに Shure SM58 が使われていました。

最もメジャーなマイクにして偽物のとても多いマイクなので、見ていてちょっとドキッとしましたね。

Shure のマイクの本物と偽物のマイクの簡単な識別方法は、本物はマイクケーブルを挿し込むXLR端子のピンのところの数字が完全に読めるのに対して、偽物は作りが雑で数字が一部ピンで隠れてしまっているということがひとつあります。

もうひとつは、見た目が似ているだけでサイズが完全に同じではないので、偽物のグリルボールは本物の本体にはしっかりねじ込めません。
正規のグリルボールを購入して、もしご自分のマイクにしっかり収まらなかったら、そのマイクは偽物の可能性ありということになります。


BETA 57A は元々は楽器用マイクとしての位置づけでしたが、自分の演奏する楽器への使用では、スイートエリアの範囲とゲインの関係などからあまり使っていません。もう少しアンビエンスな音を多く拾ってくれるマイクのほうが三線のような楽器ではらしくなるかなという印象を持っています。
もちろん楽器の種類や演奏者の好みにもよると思いますが、近年では楽器用としてだけでなく、ボーカルやスピーチマイクとして広く使われている様子をより多く見かけるようになりました。

SM58 や BETA 57A などに見られる単なる拡声だけではない、見た目のマイクらしいマイク、象徴としてのマイクというものも、まだまだ世の中から必要とされそうですね。


奥様柄

pac.jpg

今日は午後から三線の会の日。

いつもなら昼過ぎからなので午前中はあまり動き回らないのだけど、今回は変則的に夕方からだったので、午前に郵便局へ行ったついでに百円ショップに立ち寄りました。

店内を回っていると、45㎝×30㎝の巾着が目に入りました。

これは…8インチのスピーカーを入れるのにちょうどいいのでは!?

最近のZX-1などのスピーカーはネットの内側にスポンジが使われていて、そこに小さなゴミが付着してごま塩みたいな見た目になりがちです。

専用ソフトケースを買えばいいのですけど、値段にはちょっと躊躇します。


百円ショップの巾着をひとつ試しに買ってスピーカーを入れてみると・・・なかなかよい感じではありませんか。

耐久力はなさそうですが、ほこりよけとちょっとしたキズ防止くらいにはなりそうです。

デザインは選択の余地がなく小紋柄とも少し違いますが、おばさんがよく着るような柄の入ったものだけです。

「あら奥様、いい柄ですこと」スピーカーになりました。


点と練

tea.jpg

点と線ではありません。

趣味ではないのですが、知っているかたのお講を聴きに行って来ました。枯れ木も山の賑わいというわけです。


会場のお寺の本堂には風流にもお茶会の場が設けられていました。

お話の中で茶道の話が出てきて、ボードに「点」と「練」と書かれたのを見てふと思いました。

そうだ、点の先が必ずしも線ということはないなと。


薄茶ではお茶を点てるといい、濃茶では練るといいます。

点は茶を少量を入れることを意味しているようで、濃茶では多量の茶を少量のお湯を足しながら練り上げるので、茶を練るというようです。

点が線ではなく練になること、点でしかなかったものを練にしていくことが練習ではないかと・・・そんなことをぼんやり考えるきっかけとなりました。

夕暮れ

201304a.jpg

「ある日の夕暮れ」


最近、楽器に触れる日が減っています。

もったいないお化けが出る前に練習しませんと。


たまのプチ贅沢

ido.jpg

桜の季節もそろそろ終わり、高速のパーキングエリアでは鯉のぼりが泳いでいました。

遠征では行きは余裕をもって到着できるように高速を使い、帰りは一般道を使うことが多いです。

ido2.jpg

イベントのある日は食中毒などの事故を避けるために日中は食事をしないことも多いですが、この日は帰りに前から気になっていた看板のかつ丼屋さんに入ってみました。

一人暮らしをしていた頃、近所のお弁当屋さんでたまにかつ丼弁当を買ってくるのが、その頃のちょっとした贅沢でした。
それから幾星霜。
相変わらず、かつ丼を注文するくらいが一番の贅沢ってどうなんだろうという感じもしますけど(飲食関係の皆さん申し訳ありません)、よく言えばブレないということで・・・

注文して待つことしばし。う~む・・・そうきましたか。
自分が求めているものとは少~し違うかもです??想定の範囲内ではありますが。

なんというか、飲食ってうれしい誤算みたいのがあると少し幸せな気分になれますよね。

サブウーファー使用

ci.jpg

福井までPAに行ってきました。

上の写真は車内の状況。専用トランポが欲しくなります。

su1.jpg

初めての会場。小高い場所に建つ広い体育館です。正面に一段高く舞台がありました。

広いだけに舞台の幅もけっこうあり、15mのケーブルでは足りず、10mのケーブルを連結して対応しました。

今回はサブウーファーを使ってみました。

この日の練習には特に必要ではありませんが、秋の祭りのための研究を兼ねています。

思ったような音圧感、音質を少ない電力でいかに安定して出せるかという部分も絡んできます。

結果やいただいたご意見を持ち帰って、再度の検討です。


搬入から一応の準備完了までが1時間半。練習終了後は速やかに出ないといけないため、練習の様子を見つつ無駄なく不足なくバラしていって車へ積み込み、撤収時間を最少限に抑えます。次第にこの流れにも慣れてきました。

su2.jpg

熱心な指導に、3時間の練習時間もあっという間に終了です。

コンデンサーマイク比較 AKG C480B/AKG C391B

akgc480b61.jpg

ドラムのオーバートップやアコースティックギター、和楽器など各種楽器の収録で定番のコンデンサーマイク「AKG C480B」と「AKG C391B」の聴き比べをしてみました。

いつものように簡易なテスト用に使っているTASCAM BB-1000CD のスピーカーから再生された音を各マイクでとりmp3で録音したものです。
ミキサーはPreSonusのデジ卓、マイクケーブルはCANAREを用いています。
再生スピーカーが3インチという小ぶりな物で、一般家庭内での簡易な録音ですので、そのあたりにつきご了承下さい。
音源はフリー素材を使わせていただきました。



「AKG C480B」ノイズが低く、感度のいいマイクです。
つないだ瞬間にプロの道具だとわかります。予算が許すならこのマイクを数多く揃えたいところですが、「AKG C391B」とは価格差はおよそ2倍あります。



次はこちらも定番の「AKG C391B」です。
感度が「AKG C480B」の-34dbに対して-40dbということで、聴いてすぐにわかる程の感度差があります。
録音では同じ条件でやっていますので、「AKG C391B」のほうが音が小さくなっています。
ミキサーのゲイン調整でゲインを上げてやりますと、聴感上は「AKG C480B」と「AKG C391B」の差はかなり小さくなります。微細な音が埋もれやすかったり、ノイズが相対的に大きいなどの差は残ります。C391Bのいい点を探せば、丸い音ということになるかもしれませんが…



3番目は「AKG C391B」を2本使ったステレオ録音です。
この条件ではマイクのセッティング(追加)だけで、大きな音で録れることがわかります。

取捨選択

sp2.jpgsp3.jpg

場所とお金があれば、機材はどんどん増えていく方向にありますが、大きなものの場合は特に場所的限界が早くに訪れます。

システムの見直しで、新しいものを購入し、古いのを手放す予定だったところ、現物を見てからあらっ?と思うことがありました。

左が今回届いた新興メーカーのスピーカーのほうのネット。右がこれまで所有の老舗メーカーのスピーカーのネットです。右のものには内側に細かい網が入ってますが、左のものにはそれがありません。

音質や使い勝手以前の部分で、なるほど新しいほうも一流メーカーに負けずにスタイリッシュなんですけど、この細かい網のあるなしは意外と大きいぞと思いました。

屋外イベントなどで突然の雨などに降られた場合に、細かい網のあるほうはスピーカーコーンが濡れるまで多少の時間稼ぎが出来そうに見えますが、網の入ってないほうは吹き込まれればまともにコーンが濡れてしまいそうです。

コーンは紙なので濡れれば大ダメージです。

というわけで、どちらを残すかで悩み中であります。

桜の季節に

gs2014.jpg

日曜は地元の三線の会でした。

練習施設の周囲にも桜の木がたくさん植えられていますが、既に盛りを少し過ぎた様子でした。

花見をしてる人の姿はなく、子供を遊ばせている親子連れらしき姿が多数ありました。

gs2014i.jpg

XPのサポート終了と関係があるのかないのか、練習室予約用のパソコンが新しくなっていました。

なんとタッチパネル式に進化しています。

残念ながら機械で予約を完結させることはできませんが、一覧性がかなりよくなっていました。


この日、私を訪ねてきたかたがあったそうですが、行き違いになったようで結局会えず仕舞いでした。

↑