マイク AKG(アーカーゲー) D112

d1120.jpg

低音楽器の収録用にAKG D112を買ってみました。

SENNHEISER の MD421 ほどには見かけませんが、SHURE BETA52A やAUDIO TECHNICA ATM25 などとともに低音楽器用マイクの定番のひとつで、前から欲しいと思ってました。
バスドラムやベース、音圧の高い金管楽器などのときに使ってみたい。
三線の低音の倍音がどんな感じに拾えるかという興味もあります。

写真のようにおまけでマイクホルダーがついてきます。いまひとつ緩くてマイクの重み(380g)で抜けてきそう。ちょっと怖いかも。
オーバーヘッドなどの高所だったり、振動のあるような場所だと、セッティングに特に気を付けないといけない感じですね。

d112.jpg

ボディーはご覧のような卵型。なかなか個性的なルックスです。
付け根側には MADE IN AUSTRIA の刻印があります。
慎重に立ててみると一応立ちますw

トップヘビーで倒れやすくあちこちぶつけそうなので、ゴムのバンパーみたいのがあるのはいいですね。
ゴム部分の色は販売店なんかのサンプル写真だと水色っぽい感じですが、実際はくすんだエメラルドグリーンみたいな色です。
d112g.jpg
一般的なボーカル用のダイナミックマイクと上から見比べてみるとこんな感じ。

音源を鳴らしてスピーカーの音をマイクで拾って聴いてみました。

取説の図によると周波数の強調された山が低音域、中音域、高音域にあります。
多少癖を感じなくもないけど、イヤな感じでもありません。周波数をいじってるマイク特有のそれです。
ゲインはさほど高くなく、その割にはホワイトノイズがやや多めに感じられます。
第一印象は、あまり音の分解能が高くないのかなと感じましたが、もともとが一本で一発録りするような用途ではないのでそこは特に問題はなし。
ドラムスの音なんかになると表情は一変し、非常にガッツのある躍動的な音が飛び込んできます。
ボーカル録りなんかにも使えそうだけど、やはり本領はこのあたりのようですね。
位置取りによってかなり音が変化するのがわかります。ごつい見た目ですが、なかなかデリケートなところがありそうです。
実戦投入が楽しみ。

----------------------------------------------------------------------------------------
AKG D112
型式: ダイナミックマイク
指向特性: 単一指向性
周波数特性: 20-17kHz
感度: 1.8 mV/Pa (-75 dBV)
出力インピーダンス: 210Ω
出力コネクター: XLR3ピン(オス)
サイズ/質量: 150x70x115mm/380g
付属品: マイクホルダー、変換ネジ付(8/5→3/8インチ)

スポンサーサイト

さんしんの日

san2014.jpg

今年もまもなく、さんしんの日です。

いつものようにUSTREAMで生放送があるようです。
さんしんの日特設ページ http://www.rbc.co.jp/34day.php

沖縄までは行けないけど、どこかのイベントに参加して来ましょうかな…

「がさつく」 エレキギター(VOL.9)

gasaga.jpg

はい。ここのところ練習サボッております。
指先の皮がカサブタ化した後にむけてきました。
三線に比べると指の皮への影響が大きいです。

指がいろんなものに引っかかって困ります。
自分の指で自分の体に触ると、まるでヤスリでこすったようにがさっとして痛いです。
なのでなるべく自分に触らないようにしております!?



社会勉強(?)

ka1.jpg

地元の大企業の株主総会に出かけてきました。
風はちょっと冷たいながらも、春のような陽気です。

ka2.jpg

会場はホテルの3階の大広間。
到着すると既に大勢の人が来ていて、ロビーでコーヒーサービスを楽しむ人や、足早に会場に入って顔見知りと旧交を温める人、マーカーで線を引いた資料に目を落としている人など様々に時間を過ごしている様子です。

従業員の持ち株制度のある会社の場合、会社を退職されてからも株主総会のような場所で同僚と会えるのは(良し悪しあるかもしれませんが)、同窓会のようで微笑ましいことだと思いました。会社への帰属心を持ち続けることが出来るのもいい点かもしれませんね。

総会は、社長が司会進行兼議長のような役割で粛々と進み、議決事項が形式的に承認されていきます。
何かある人は最後の株主の質問コーナーで質問して下さいというわけです。

議題の一番目は、「剰余金の承認」の件
平たく言えば、配当金はいくらですという発表です。一番目に来るわけですよね。

ka3.jpg

来場した株主には帰るときにおみやげがあり、中を開けてみるとどら焼きでした。
ここのどら焼きは、なかなか美味しいんです!

届かない

sokuta.jpg

関東甲信越地方の大雪での交通途絶のニュースが毎日発信されていますが、
こちらから関東方面へ出した荷物もトラックと一緒に止まっていたようでした。

14日に東京に向けて出した速達便がなかなか届かないのでジリジリしてました。
何度も荷物検索のページを開き、今日になってようやく投函された記録が表示されました。
もはや速達などというものではありませんが、なんとか無事届いて一安心です。
そして、大変な中届けて下さりありがとうございました。

運送会社のホームページには、18日18:30現在で、荷受け停止のこんなお知らせがされています。

yukide.jpg

この方面で雪でこんなことは記憶の限りでは初めてで、ほんと大変な雪だったことがわかります。
まだ開通してない道もあるようで、大雪の影響の出ている地域のかたには心よりお見舞い申し上げます。

リラックマ的生活

keihin.jpg

某大手家電量販店でもらった景品のマグ。

わたくし、こういうものに弱いですね。

ほとんど使いもしないのにもらってしまいます。

商品を二千円以上買うと期間限定で付いてくる景品です。

リラックマの趣味はテレビ鑑賞、音楽鑑賞、温泉など。音楽はクラシックなど、ゆったりした音楽を好むのだとか。

意外と音楽好きな日々を送っているのね。

バレンタイン

v1.jpg

バレンタインデーになると毎年律儀に宅急便で送って下さるかたがあります。
チョコではなく、菓子折りです。

菓子折りと言えば…

越「お代官さま。例の物でございます」
代「なに、例の物とな?」
越「はい。中をお改め下さい」
代「おぉ、これは・・・越後屋、そちも悪よのぉ」
越「お代官さまこそ」
代&越「ぐぁはははは・・・」

v3.jpg

…なわけはなく、老舗の和菓子屋さんの銘菓です。
普段、こんないいお菓子はなかなか食べられません。
いつもありがとうございます。


さて、今夜もソチオリンピック
気になるフィギュアスケート男子フリーの結果、どうなるでしょう。
見たいのはほとんどが深夜なんですよね。

昨夜見たテレビ

肉まん

冬の風物詩と言えば「肉まん」
もらいものですけど。
ローソンのは普通サイズと大きいサイズがあり、これは「大」だとか。

昨夜たまたま見たテレビ番組『生命38億年スペシャル 最新脳科学ミステリー「人間とは何か」』

一部しか見てませんが、その中で大変興味を惹かれたのが、
生まれつき目が見えない人は、壁にぶつからないというのをやっていて、
それは、壁に跳ね返る反響音から判断して壁の位置がわかるからというものでした。
音の反響からわかるという被験者の言葉から、耳栓をすると壁がわからずぶつかっていました(申し訳ない実験)。

自然残響はもとより、人工的なエフェクトの「リバーブ」など、音楽の世界は反響音に満ち溢れています。
音の感覚に優れた人に出会うこともままありますが、見えなくても壁から跳ね返る反響から壁の位置がわかるとはすごいです。
もしもそういう鋭い感覚の人と一緒に仕事をしたら、自分の感覚に疑心暗鬼になってしまうかもと思いながらテレビを見ていました。

『野村義男が弾いて教えるエレキギター塾 CD付き』

エレキギター塾

エレキギターを始める前に野村義男さんの動画はけっこう見ていました。
もしかしたら出来そうかな?と思って始められたのは、野村さんの動画のおかげかもしれません。
そんなわけで、有料のエレキギターの本の一冊目はこの本を選んでみました。

最近は附録にDVDがついてるものが多いですが、この本の場合はCDです。
動画も欲しいところだけど、ぜいたく言わずに本の内容に沿って練習してみたいと思います。
本を開いた第一印象は、字が細かいということです。
この手の教則本としては、文字の情報量の多い方ではないかと思います。
CDの内容が本のページに沿った進行になっているので、CDを聴きながら練習して、ある程度進んだところで本に戻ってじっくり読むような進め方が抵抗なくやれそうだと思いました。
野村さんのナレーション、そして練習曲の音がなかなか心地いいCDです。

アンプとエフェクターの使い方や基本コード早見表なども載っていて初心者にはありがたいです。
「超初級」という言葉がサブタイトルに入ってますが、私には超初級ではないです(笑)
どんどん進められる人はいいけど、そうでない人は他に初心者向けの本を一冊やってからこの本をやると力がつきそうだと感じました。
また進めてから補足レポートします。

出版社:ヤマハミュージックメディア
ページ数:104ページ
附録:CD
発売日:2012/3/20
寸法:29.2x20.6x1cm

新楽器参加

篠笛

寒波襲来で全国的な大雪になった今週末。

こちらでも今年初めての本格的な積雪となりました。

明けて今日は、地元の三線の練習会日。

この日は最後に地元の祭りの練習でやっているという『篠笛』を聴かせてくれたメンバーがありました。

なんだかキリッとして、普段とは別の世界の人になったように見えてきます。

ちょっと哀しげな旋律がいいですなぁ~

そのうち三線ともコラボ出来るといいな。

↑