これからはじめる!! ロックギター入門

ロックギター入門

数多あるエレキギター入門書の中でも人気のあるタイトルのうちの一つだと思います。
正式タイトルは、「これからはじめる!! ロックギター入門~これだけは知っておきたいすべてが見て・弾けるDVD付~」

ピックの持ち方や基本コードの押さえ方から弦交換のやり方まで、入門書として一通りの内容を備えていて、本の体裁もレイアウトがすっきりしていて見やすいです。

本の内容に沿ったDVDが付録についていて、一応、本の進度に合わせて出来るようになっています。
動画では繰り返しやっていないので、実際には再生装置のリピート機能を使いながら反復するような感じかと思います。
なお著作権のある楽曲の弾き方は楽譜だけで動画には入っていません。

DVDは情報の少ない独学者にはありがたいです。
私の場合は、自分の弾いているコードの音が正確ではないことが、DVDと一緒にやってみて気が付きました。きっちり押さえられていないんですね。
エフェクトの種類はこんなだよ~と、音付きで紹介されていたり、弦交換の動画も収められています。

練習曲のあたりから難しくなるので、すんなりと付いていくことが出来るのは一部の人ではないかと思われます。初心者が何冊かやる(見る)うちの一冊としてはお薦め出来ます。
DVDの手本のように弾けたらいいなと思いますが、そこまでいけるのはいつの日か…

コード一覧や、ちょっとした譜面の読み方の助けになりそうなまとめが載っていたり、またギタースコアーも5曲付いていて入門書として長く付き合えそうです。

出版社:ドレミ楽譜出版社
ページ数:103ページ
附録:DVD
発売日:2006/9/20
寸法:30 x 22.4 x 1 cm

スポンサーサイト

『野村義男が弾いて教えるエレキギター塾 CD付き』

エレキギター塾

エレキギターを始める前に野村義男さんの動画はけっこう見ていました。
もしかしたら出来そうかな?と思って始められたのは、野村さんの動画のおかげかもしれません。
そんなわけで、有料のエレキギターの本の一冊目はこの本を選んでみました。

最近は附録にDVDがついてるものが多いですが、この本の場合はCDです。
動画も欲しいところだけど、ぜいたく言わずに本の内容に沿って練習してみたいと思います。
本を開いた第一印象は、字が細かいということです。
この手の教則本としては、文字の情報量の多い方ではないかと思います。
CDの内容が本のページに沿った進行になっているので、CDを聴きながら練習して、ある程度進んだところで本に戻ってじっくり読むような進め方が抵抗なくやれそうだと思いました。
野村さんのナレーション、そして練習曲の音がなかなか心地いいCDです。

アンプとエフェクターの使い方や基本コード早見表なども載っていて初心者にはありがたいです。
「超初級」という言葉がサブタイトルに入ってますが、私には超初級ではないです(笑)
どんどん進められる人はいいけど、そうでない人は他に初心者向けの本を一冊やってからこの本をやると力がつきそうだと感じました。
また進めてから補足レポートします。

出版社:ヤマハミュージックメディア
ページ数:104ページ
附録:CD
発売日:2012/3/20
寸法:29.2x20.6x1cm

『これからはじめる!!エレキベース入門』

b1.jpg

いえ、はじめませんけどね!?
なぜベースも持ってないのにこの本なのかというと…
うっかり、エレキギター+エレキベースなのかという勘違いをして買ってきました。

しかし、この分野では定評のある本のようですね。
写真や図の配置もよくて、とてもわかりやすい内容だと感じました。
用語レベルから解説してあり初めての人も安心。
よく聞く言葉だけど、曖昧に理解してることってありますね。ベースをやらない私が見ても何か得したような気分になりました。
もちろんDVDやCDの付録付きで、DVDの出来もポイントだと思います。

b3.jpg

DVDは長さ約53分で、チューニングや弦交換の動画つき。あまりベース音だけを聴き続けるということは日常にないですが、練習動画を見てベースの重要さや楽しさを感じ、無理なく興味深く全編視聴しました。
これなら自分も出来るんじゃないかとその気になるDVDです。
いつかベースもやってみたい。
好印象なので、このドレミ楽譜出版のシリーズは他にも買ってみようと思います。

出版社:ドレミ楽譜出版社
ページ数:111ページ
附録:DVD/CD
発売日:2007/10/29
寸法:30 x 22.6 x 0.8 cm

↑