ドローン検定 後書

金沢港口側柱

試験の日、空いている時間は金沢駅周辺をプラプラして時間つぶししてました。
新幹線開業前後で随分変わりましたよね。
写真の柱は金沢駅の金沢港口(と言うらしいですが)にあるものです。

金沢港口柱

よく見ると、柱のタイルが金箔状になっているところがあります。
金沢的イメージというか、こんなところにも戦略的デザインが見られます。
文化にお金をかけてきた町はこういったイメージ資産をたくさん持ってますね。
富山も50年先、100年先を見据えた長期構想が必要だと感じてきました。

検定合否

昨日、ドローン検定協会から合否照会のハガキが届きました。
そこに印刷された4桁の番号と受験番号、生年月日をホームページの所定の場所に入力すると合否がわかるというものです。
おかげさまで合格していました。

まもなく3月も終わり、桜のシーズンが始まる前に撮影ポイントの目星をつけておかねばです。


スポンサーサイト

ドローン検定 受験

ドロ1

日曜日、ドローン検定試験を受けてきました。
久しぶりの試験で、消しゴムも劣化したものしか手元になかったため、
途中のショッピングセンターで、削った鉛筆とmono消しゴムを買ってから行きました。

ドロ2

会場は金沢勤労者プラザ。
北陸では唯一の会場です。
駅からほど近い大通りからドローンっぽい人々の後を追うと、自然と到着出来ました。
周囲には有料駐車場もたくさんありました。

ドロ3

他にも試験会場に色々使われている建物で、入口の案内板で場所を確認してから3階へと。
大きめの教室くらいの広さの部屋が会場で、受験番号から推測すると、2級は11人、3級は33人、4級は2人の申し込みがあったようです。
受験者は年代は若い人から年配の人まで様々ですが、ほぼ全員が男性という試験でした。

私が受験するのは3級。
いきなり2級や1級を受けることは出来ず、まずは3級または4級から始めないといけないシステムになっています。
試験は90分ですが、30分経過後から退出可能で、私も1回見直してから早めに帰ってきました。

ドロ4

1階に試験会場の金沢勤労者プラザの模型がありました。
受付で駐車券の手続きをしてもらうと安く駐められるようです。

自己採点ではどうやら合格、10日後くらいにWebで合否がわかるようです。
3級は協会から唯一出ているテキストで勉強出来るのですが、2級以上にはまだテキストがありません。
一応、2級までは受けておこうかと思っています。


ドローン検定

d検


無人航空従事者試験、通称ドローン検定(またはD検)というドローン操縦のための知識を問う検定がありますが、今度受けてみることにしました。
1級から4級までがあり、2級を受けるにはまず3級に合格する必要があります。

いまのところドローンを操縦するのに免許のようなものは必要ありませんが、
飛行許可を受けたりする場合にこういうものを取っておくと、書類上スムースな手続きになりそうという発想からです。
久しぶりの試験です。


↑