GH5+LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II

P100300l.jpg
新型の望遠レンズ LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II を導入しました。
防塵・防滴仕様、手振れ補正 Dual I.S. 2 に対応しています。
試しに手ぶれ補正を切ってみると細かい小刻みな振動が現れるので、そのような動きに対して有効であることが推測できます。

ミラーレスの100-300mmは、フルサイズで言うと200-600mmの超望遠に相当します。

p100300.jpg
まだ使い始めで、弱点を見極めつつ慣れていくところです。
GH5は電子シャッターの場合でも動体歪みは高級コンデジよりも少ないです。

P100300a.jpg
暗い場面では、高級一眼レフと明るいレンズの組み合わせのほうが有利と言えそう。
しかし、重さが500グラム余りのレンズで600mmまでが守備範囲という機動力は魅力です。

P100300b.jpg
この頃公園で見かける鴨の幼鳥。
手のひらにのるくらいの大きさでぬいぐるみのよう。
とてもかわいいです。
なかなか寄ってこないので、このクラスのレンズでぎりぎりといった感じです。

P100300c.jpg
親鴨と一緒だと親のほうにAFが合います。
的が小さいとなかなか合焦しないので、マニュアルで合わせたほうがよさそうです。

P100300m.jpg


スポンサーサイト

東京撮影行

2017メトロポリ
ホテルにて翌日の使用機材の最終チェックをしている写真です。
これはほんの一部。

無事に行ってきました。
帰ってからは寝る間も惜しんでの編集作業。およそ八割がた進行しています。
行ったのがちょうど一番寒い日で、道中、雪の妙高高原あたりではどうなることかと思いましたが、なんとか都内に到着。
練馬から池袋までが渋滞で、前日リハまで余裕のないスケジュールで動きました。
リハ後には、路上ミュージシャンを撮ってズーミングの確認。

1階エントランス

会場周りのスチルも押さえます。
朝昼夜の光景を念のため撮っておきます。

リハ前

準備風景。
正面に見えるのはパイプオルガン。
大きなコンサートホールでした。


カード類

4kca.jpg

それでは撮影遠征に行ってきます。

まだちょっとカードが足りないかもしれないけど、東京なので安くいいのを仕入れて使いたいと思います。


LUMIX DMC-FZH1 新機能2


新機能といってもGH4なんかには搭載されていたもので、FZH1では120fps(25%スピード)まで対応しました。

超低速ズームとの組み合わせで、簡単に高品位な映像が撮れます。

ちょっとはまってます。


LUMIX DMC-FZH1 新機能


なかなか記事にするタイミングがありませんでしたが、昨年末から動画兼静止画の記録用にPanasonic のLUMIX DMC-FZH1 というカメラを使い始めました。

Panasonic のデジカメのハイエンドモデルで、強化された動画撮影機能が特徴のモデルです。

スペック通り、従来の下手な業務機に負けないくらいの性能を持っていて、サポート用の頼もしいカメラとなりそうです。

久しぶりにyoutubeに動画をアップしてみました。
通常こういった機能はおまけ機能程度のことが多いものですが、この機種の場合は充分に使える品質を持っていると感じます。
まだ研究中で、いろいろ応用して使っていきたいと思ってます。


大阪新歌舞伎座 撮影行

0新歌舞伎座

お盆もとっくに過ぎ、台風も通り過ぎていきましたが、
まだお盆気分を残しつつ日々を過ごしてます。

今年のお盆は、大阪の新歌舞伎座で撮影をしてきました。
夜中の3時に出て翌朝6時に帰ってくる強行軍。
お盆の時季らしく交通量は多く、高速なのに70キロ台の低速車線と制限速度を遥かに超える追い越し車線の狭間でPA、SAで休みつつの移動となりました。

無事に朝9時に現場の新歌舞伎座のあるYUFURAに到着。
隣が近鉄百貨店、その隣が都ホテル、地下鉄上本町を出て雨でもほとんど濡れずに来られるという好立地です。

0新歌舞伎座外

新歌舞伎座の紋は、二羽の鳳凰が向かい合っている姿を図形化したものなのだとか。
置いてあるチラシや貼られているポスターを見ると五木ひろしさん、石川さゆりさん、坂本冬美さん、天童よしみさん、志村けんさん(ニュースにもなってましたね)とか大物出演者の名前がずらりと並んでいます。

腕章

さっそく搬入口から巨大荷物を二つ搬入し、撮影許可証を受け取り中に入ります。
6階がホールで、エレベーターで6階で降りるとそこがホール1階席。
2階席、3階席にはエスカレーターか階段で移動出来ます。
6階に2階、3階があるので、ついうっかりエレベーターで2階、3階で降りようとして間違いに気づいてひとりで焦ったりなど・・・

3階席からの眺め

大人の事情で公演内容の写真は載せられませんが、
これはカメラの置き場所を模索して探索中のところです。

新歌舞伎座ロビー

リハが押して、開場前の写真が撮れませんでした。
大急ぎでロビーに出てくると既に入場が進んでいました。

電飾ポスターm

電照式のポスター。
広告用では見たことあるけど、こういった当日の催しの案内に使われているのを見るのは初めて。
さすが都会ですね。
ここで大勢のかたが記念撮影されてました。
よく見ると、従業員はシャッターを押しませんという貼り紙がしてあります。

撮影はあっという間、そこから長い編集作業が待っています。



↑