2017 おわら風の盆(2)

2017お21
おわら二日目も夕方の時間帯に到着。
駅から2番目に近いステージ、福島町のコミュニティーセンターでちょうど演舞の始まるところでした。
しかし、撮影するならここは夜のほうがいいとわかりました。
明るい時間帯だと室内が暗くなってしまって、そのままだと明るさにむらのある写真になります。

2017おわら22
坂を上がって、ここは聞名寺。
余程混雑する時間帯でなければ見やすい会場です。
おわら道場がよくステージをやっています。
斜めから撮ってますが、柱や支柱が視界を遮ります。
奇をてらわず正面からのほうが良いショットが得られやすいでしょう。

聞名寺を後に上新町や諏訪町のあたりをぶらぶら。
土曜ということもあり、午後7時頃にはかなりの混雑となりました。
一番混むのが諏訪町の石畳の道のあたり。
特にその地域にこだわりがなければ、他の地域のほうがよく見られるでしょう。

2017おわら23
時間を計りながら歩いてましたが、駅から坂の上の西新町公民館まで歩いて片道50分程でした。
ガイドでは60分となっています。
中高年の観光客のかたが多いのでそれに合わせた数字かと思われました。

二日目午後8時頃からは雨雲が出て、帰りの車で雨に降られました。
雨がどこかで降るのはいつものことですが、今年は涼しいおわらです。


スポンサーサイト

2017 おわら風の盆(1)

2017お1
今年のおわらは3日続けて、のべ4回行って来ました。
せっかくなので何か記録を残しておきたいと思います。

1日、いつもの場所に車を駐めて駅前に到着したのが午後3時半頃。
今年は週末にモロ被りしてるだけに人出がすごいかなとも思いましたが、体感上はさほどでもありませんでした。
記録では3日間で昨年より2万人増とのこと。
駅前ステージが午後4時からということで、見て行くことにしました。
駅前というよりも駅横ですが・・・

2017お0
ここのステージは無料で、金土は午後4時から1時間おきにやっています。
最終日のみ7時からということのようです。
駅前の案内テントで配っているガイドマップにスケジュールがのっているので、駅から来る人はまずはガイドをゲットしておきたいところです。

2017お2
ステージが終わると駅前通りを流していくという流れでした。
明るい時間帯の流しは貴重ですね。

2017お3
そのまま橋のほうまで来ました。
駅から来た人が最初に出会う橋が「坂のまち大橋」
いきなりの近代的な橋がなんだか非日常的光景でもあります。

橋の上で駅の方向に向かって演舞がありました。
この時間帯まだ観光客は少ないので、余裕の観覧です。
これだけでも来たかいがありましたよ。

2017お4
日暮れの坂のまち大橋


環水公園 夏祭り

2017kansuikin1.jpg
15日、環水公園の花火大会を撮りに行ってきました。

非常に混み合うため、まだ明るさが残るうちの入り。
花火の撮影は待ち時間が勝負ですね。

2017kansuikin.jpg
28mmのレンズだと金門橋がぎりぎり画角に入ります。
やはり24mmくらいのほうが安心ですね。

県内の夏の花火大会も残りわずかとなりました。


新湊 花火大会

新湊花火2017


昨年、初めてこの花火大会に来ておよその打ち上げ方向がわかっていたので、今年はまずまずの位置に収めることが出来ました。

曇ってはいましたが風もなく花火日和でした。

動画と静止画の二台態勢。最近は、自分以外にも二台使っている方を見かけるのが珍しくなくなりました。



夏川りみさん 滑川

夏1

日曜は滑川市民会館であった夏川りみさんのコンサートに行って来ました。
開場前は土砂降り、まだ梅雨明け前とはいえすごい雨でした。
入口には傘袋が置いてありました。

夏2

県内有数の古い会館で、入るのも初めて。
古い体育館のような建物で、パイプ椅子席が600席程と傾斜部分の席が5~6列くらい。
学校の講堂のような趣があります。
おそらくここでコンサートを見るのは最初で最後となるでしょう。

夏3

地方らしい盛り上がりで、このような立て看板があちこちにありました。

コンサートはロミロミのピアノと姜さんの古箏の伴奏で、生歌も若干入っての内容でした。
ブラボーなどの掛け声に日本じゃないみたいとりみさん。
大変盛り上がりました。

翌日は更なる大雨で、この日の開催で良かったと思いました。



早くも

うつせみ

関東甲信地方が梅雨明けしたそうですね。
昨日は東京で雹が降ったりと日本列島は変なお天気が続いています。

知り合いは雹が降ると寒いの?
と言ってました。

肌寒いかもしれないけど・・・車が凹むくらいの雹、それどころじゃないでしょうね。


しばらく間が空いてしまいました。
また、おいおい更新していきます。


公開放送観覧

201706291.jpg
久しぶりにNHKの新BS日本のうたの公開収録を観に行って来ました。
チケット交換予定時間の5時間前に様子を見に行くと既に100人程の人が並んでいました。
早い人は前日から来ているとか。

201706292.jpg
配布3時間前には300人を超え、30分前には会館の端まで行列が出来ていました。
大体の人が折りたたみイス持参だったのには感心しました。

201706293.jpg
無事チケットを受け取った人は入口付近に張り出された座席表で自分の場所を確認します。
本番開始まであと3時間40分。


GH5+LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II

P100300l.jpg
新型の望遠レンズ LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II を導入しました。
防塵・防滴仕様、手振れ補正 Dual I.S. 2 に対応しています。
試しに手ぶれ補正を切ってみると細かい小刻みな振動が現れるので、そのような動きに対して有効であることが推測できます。

ミラーレスの100-300mmは、フルサイズで言うと200-600mmの超望遠に相当します。

p100300.jpg
まだ使い始めで、弱点を見極めつつ慣れていくところです。
GH5は電子シャッターの場合でも動体歪みは高級コンデジよりも少ないです。

P100300a.jpg
暗い場面では、高級一眼レフと明るいレンズの組み合わせのほうが有利と言えそう。
しかし、重さが500グラム余りのレンズで600mmまでが守備範囲という機動力は魅力です。

P100300b.jpg
この頃公園で見かける鴨の幼鳥。
手のひらにのるくらいの大きさでぬいぐるみのよう。
とてもかわいいです。
なかなか寄ってこないので、このクラスのレンズでぎりぎりといった感じです。

P100300c.jpg
親鴨と一緒だと親のほうにAFが合います。
的が小さいとなかなか合焦しないので、マニュアルで合わせたほうがよさそうです。

P100300m.jpg


↑